映像の時代から音声の時代へ

この記事は2分で読めます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

こんにちは、新田です。

(旧暦だと)今月から2021年になりました。

この2020年から2021年への変化って
ものすごく大きいんですよ。


もともと、2018年から2020年の3年間は、

「異常干支が続く3年間」

ということで、

「ものすっごい世の中が大きく変化する3年間」

と言われていました。


蓋を開けてみたら、

2018年に上皇様が生前退位を発表され、
2019年に年号が令和となり、
2020年には東京オリンピック・・・と思いきや、コロナ・ショック。

本当に、怒涛のような3年間でした。

コロナは、今年の夏にかけて、収束していくんじゃないかなぁ?と予想しています。

要するに、寒い時期は風邪が流行って、暖かくなるに連れて減っていくので、
メディアが「ついに収束へ!!」ってキャンペーンやれば収束です。

まぁ何にせよ、非常に濃密な3年間でした。


そして、今年の1月(2020年の終わり)に日本に登場した
Clubhouseもまた、

「時代を変える大きな流れ」

のようにも感じています。


Clubhouseが変えるのかどうかは分かりません。

もしかしたらもっと良いサービスが出るかもしれません。

ただ、新しい流れが確実に来ているので、
これから人々の生活スタイルも
変わっていくのではないかと感じます。


そこで、今日は、

「Clubhouseがなぜこれから重要になるのか?」

について、解説してみました。


Clubhouseで3回セミナーをやったのですが、
その内容も一部書いています。

なので、見逃してしまった!という方も、
ぜひ、読んでみて下さい。


Clubhouseを完全解剖!〜時代の流れから今後の戦略まで〜

イイネ下さった方、ありがとうございます!
(誰がしてくれてるのかちゃんと見てます!)


そして、前回は料理人のちこさんともLiveセミナーをしました。

何気に初コラボです!


普段よく喋るのですが、
オフィシャルな場で一緒にやるってなかなか無かったんですよね。


つまり、電話で喋ったりはするけど
セミナーでは喋らない。


だけど、その電話してるところを皆に聞いてもらう場。

それがClubhouseなのです。


それによって、新しい人たちとも繋がることができるのです。


これだけ映像技術が発達し、
YouTubeもどんどん有料級のコンテンツが増えていった中で、
あえて「音声」に戻るって・・・

これって一見したら「退化」に見えるかもしれません。


だけど、これは「創造的退化」なのです。


不可逆とされていた変化が、今起こっているのです。


その辺の時代の流れに関しての考察も、
ぜひ読んでみて下さいね。



Clubhouseを完全解剖!〜時代の流れから今後の戦略まで〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。