美しくて残酷な世界

この記事は4分で読めます

kyojin
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 美しくて残酷な世界
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんにちは、新田です。

最近、「進撃の巨人」というアニメを見てます。
毎週土曜日、深夜25時くらいから放送されるので、
是非見てみて下さい。

動画サイトとかでも見れますが、
映像が非常に綺麗なので、
なるべくテレビで見る事をお勧めします。


さて、この作品は、
地球に突然、大量の「巨人」が現れ、
人類を喰っていく、という話です。

巨人と人間の圧倒的な力の差を前に、
絶望し、打ちひしがれていく人間の姿が描かれている本作品ですが、
この作品の中で、1つ、名言(?)があります。

それが、
「この世界は残酷だ。そしてとても美しい。」

これは、家族を失ったミカサという少女が、
唯一生きる希望だと思っていた存在であるエレンが巨人に食べられ、
更に自分の目の前にも巨人が現れた時のセリフで、
その後、「いい人生だった」と一度は死を受け入れた彼女が、
「戦え!戦わなきゃダメなんだ!」というエレンの言葉を思い出し、
再び立ち上がり、戦うという話です。


この話、今、ビジネスをやっている僕にとって、
非常に響くものがありました。

僕は、ネットビジネスをはじめた当初、
「お金持ちになりたい」
と思っていました。


莫大な資産を構築して、
余生をのんびり過ごしたい、と。

そして、実際、お金持ちになり、
のんびりとした毎日を過ごしてるのですが、
この「意味」は、はじめと今とでは、
全く違ったものになっています。


多分、実際にお金持ちになった人で、
僕と同じ感覚を持った人も多いのではないかと思いますが、
ある時を境に、意識が変わったのです。

正確には、
「変わった」のではなく、
「気付いた」かもしれません。

少なくとも、僕はそうでした。

ある時を境に、
「自分は実はお金持ちになりたかったわけではない」
と気付く瞬間があります。

「お金持ちになる」
というのは、ある意味、「完成形」なわけです。

つまり、富士山の頂上みたいなものですね。


僕も、富士山に登った事がありますが、
とても美しい景色でした。

しかし、頂上に辿りついたらどうでしょう?
後は下りるだけです。

つまり、それ以上先が無いのです。


「お金持ちになりたい!」
という思いを変えなかった人が、
実際にお金持ちになると、その先どうなるのか?

富士山と一緒で、後は下りるだけです。

セミリタイアして、
後はのんびりと余生を過ごす。

まぁ老後みたいな生活ですよね。


つまり、「完成形」を目指し続けて、
実際に完成したら、その先は老後を過ごすだけになるのです。


しかし、僕は、
ある瞬間に気付いたのです。

「自分は、完成形を求めていたわけではない」
という事に。

僕が今求めているのは、
「ただひたすら、自分を進化させる事」
これに尽きます。


ひたすら自分のレベルを上げる。

そのために、僕はお金を稼ぐし、
自由な時間を作るのです。


多くの人は、
ビジネスで成功したら、そこそこのお金は手に入ります。

しかし、そこで、
彼らの多くは進化を止めるのです。


何かのビジネスで成功したら、
後は、同じ事を何度も繰り返したり、
社員を雇って組織化したりして、
とにかく自分の時間をどんどん削ってしまうのです。


しかし、自分は全く進化せず、
稼ぐ金額もそこから増えません。


年収数千万程度で止まって、
億の世界に進めない人の多くは、
その状態です。


新しい事をする時間、
自分を進化させる時間が無いのです。


かたや、僕は、
稼ぐ金額が増えれば増えるほど、
自分の自由な時間は増えていきます。


今は、
「もう何もしなくても生きていける状態」
なわけで、実際ここ最近は売り込みなんてほとんどしてないのに、
毎月1000万円以上が「利益」として出ています。

ただ、僕は決して、
「何もしなくてもお金が入るから、
後は遊び呆けてればいい」
なんて思っているわけではありません。


もちろん、遊んではいるのですが、
「常に自分を進化させている」
という感覚を持って、遊んでいるのです。


勉強もするし、セミナーとかも行くし、
昨日は大学時代の友人と遊んでたし、
映画も見るし、旅行も行くし、
色んな事をするのですが、

全ては、
「自分を進化させる為」
です。


人間の寿命は、残念ながら有限です。

つまり、どんなに頑張っても、
ある地点までしか進化できないのです。


しかし、だからと言って、
「どうせ進化し続けたって、
有限な人生なんだから・・・」
って言うのは、

「進撃の巨人」で言ったら、
「どうせいつか巨人に皆喰われるんだから、
戦ったってしょうがないよ。」
って言ってる様なものです。


僕らは、死に向かって生きていますが、
それでも、戦い続けるしかないのです。

永久に進化し続ける存在である為に生きていて、
戦い続けていて、
そこに「美しさ」があると思うのです。



そして、僕が推奨している「情報発信」というビジネスは、
言ってみれば、「進化の連鎖」なのです。


今、僕には2万人近い読者がいるのですが、
僕がアニメを見た事で、自分が進化した事を発信すれば、
2万人が、少しでも進化するかもしれない。


そうすれば、進化した人たちが、
また数千人、数万人の人に発信すれば、
どんどん連鎖反応を起こしていけます。


例えば、「まだ何も無い」という状態の人でも、
僕を進化させる何かを提供したら良いのです。


実は今回紹介している「進撃の巨人」も、
「これ、面白いから見てみて下さい!!」
と以前にとある方から教えてもらって見てるんです。

その人は、まだ何もやってないそうですが、
それを教えた事で、僕は進化し、2万人に影響を与えています。
(ちなみに、その人には、その後メールで色々相談に乗ったりしてあげました。)


こんな風に、「毎日の発見」を、
誰でもいいから送ってみる、
って事からはじめてみてはどうでしょう。


本を読んで気付いた事とか、
街を歩いてて見た面白い事、
なんでもいいので、1日1回、
誰かに何らかの気付きを与える、って事を意識してみると、
めぐりめぐって、自分が進化できる様になります。


僕が目指しているのは、そんな仕組みです。

どんどん稼いで、どんどんお金を使って、自分を進化させ、
シェアして、皆に進化してもらって、皆から面白い気付きをたくさんもらい、
また自分は進化して・・・

この連鎖反応です。


それに対して、
「毎日同じ労働をする」ってのは進化の停滞だと思っています。

まずはそこから抜け出す事から考えましょう。


とりあえず、「進撃の巨人」は面白いので、
是非色んな視点で見てみて下さい!!


ではでは。


メールマガジン登録はこちら(プレゼント付)

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. suugaku
  2. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-17-22-23
  3. nensi
  4. arasi
  5. cake