ミッ○ーという幻想にお金を払う理由

この記事は7分で読めます

スクリーンショット 2018-04-23 3.34.11
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ミッ○ーという幻想にお金を払う理由
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんばんは、新田です。

ここ1年で仮想通貨がもう常識となって、
一般人でも普通に持つようになりましたが、
仮想通貨って、よくこんな説明をされることがあります。


「仮想通貨って、あくまで『仮想』の通貨なんですよ。
例えば、TSUTAYAとかビックカメラでポイント貯めたら、
それをお金みたいに使えますよね?
あれと同じなんです。
国が認めてるわけではないので、あくまで『仮想』でしかないんですよ。」

・・・と。


これは一理ある(正しい)ことなんですが、
僕はまた違った考えも持っています。


何かっていうと、

「いや、そもそもお金って全て仮想じゃない?」
・・と。


だって、そもそも何の価値もない紙切れを、
「1万円だと思おう!」
と皆で幻想を抱いているのがお金です。


ということは、円も、ドルも、ポンドも、ユーロも、
仮想通貨と本質は何ら変わらないと思うのです。

「通貨かどうか?」
で言えば、確かに円やドルは通貨で、
ビットコインとかは通貨ではない(仮想の通貨)と言えるんですが、
なんとなく、この分け方だと、
円とかドルは価値があると勘違いしそうです。


そもそも、円しか持ってない人は、
「自分の持っている価値(エネルギー)を円に投資している」
というだけです。

なんとなく円を基準に皆考えがちなんですが、
価値(エネルギー)が円だったりドルだったり
色んなものに変換されてると考えた方が良いです。


日本国内にしかいないから、
円だけを持ってたら投資してない気分になりますが、それは、

「TSUTAYAから一歩も出ずに、
TSUTAYAポイントだけで生活してる人」

みたいなもんです(それのスケールを大きくしたバージョン)。


そう考えたら、人類みな投資家なのです。

円しか持ってない人は、「円にしか投資してない」ってことです。


じゃあ投資って何?

一体何に対して投資をしているか?

っていうと、それは、

「幻想」に対してです。


人は、価値という無形なものを、
何らかの有形なものに幻想を抱くことで
変換しています。

円を持ってる人は、自分の価値を円に変換して、
「円には価値がある」という幻想を抱くことで、
なんとなく価値を有形なものとして持っている気分になって、
安心できるわけです。

もっとも多くの人が共通して幻想を抱いているものが
「お金」ということですね。


まぁお金ってホントは非常に不便なものなので、
本当は、さっさと違うものに変換した方がいいんですけど、
一応、多くの人が幻想を抱いてくれているので、
有形なものと交換する際は便利です。

でも、本質は幻想なのです。


ちなみに、「ブランド」というものも、幻想です。

なぜ、ディズニーランドでグッズが高く売れるのか??

「ディズニーランドは、ディズニーランドが作った幻想を
壊さないでいてくれる」

と多くの人が”信頼”しているから、
皆で共同幻想を抱こうと考えて、価値を認めるわけです。


もしかしたらミッキーの中には人がいるかもしれないと
頭の片隅でうっすらと思いつつも、
そう感じさせないよう最大限の努力をしてくれるから、
「中に誰もいませんよ」と皆で信じて、
一緒に幻想を抱いているのです。


そして、皆が本気で思うことで、
そこにリアリティが出てきます。

幻想は、リアリティが出てくることで、
その場(系の中)においては幻想ではなくなってきます。
(あるいは、現実が幻想ではない方向に近づきます。)


僕がよく、

「まだ何の実績もない人がビジネスやろうと思ったら
何を最初にしたらいいですか?」

って聞かれて、あえて分かりづらい答え方をしていい場合は、

「稼いでる人の空気感をコピーしろ(自分にその空気をまとえ)」

って言います。


その空気をまとった状態で文章書いたら、
絶対変わるから!って。

実際その通りで、
そういう空気感を本当にまとってたら、
なんとなく「すごそう」に見えるんですよね。

それが幻想を作って、皆がお金を払って、
本当にすごくなる。


すごいからすごそうに見えるんじゃなくて
すごそうに見えるからすごい結果が出るのです。

それは決して、
すごい人と仲良いとか、
すごい豪華な生活をしているとか、
そういうのをアピールするんじゃなくて、
純粋に「空気で見せる」ってことです。

いくら空気をまとってたからって、発信がショボかったら意味がないですが、
空気をまとってたら、ふっと出てきた言葉が
意外と普段とは違うものになったりもします。


コミュニティビジネスをやりたかったら、
お金とは別の新たな幻想を作る必要があります。

そもそもお金も幻想なので、
その幻想を違うもの(より上位のもの)に入れ替えるのです。


それはつまり、
「その人の中の優先順位を変える」
ということです(=パラダイムシフト)。


そして、

「この人の言う通りの道を進んだら、人生が良くなる」

という幻想を抱き、それに対してリアリティが増していけば、
お金を払ってもらえます。

その幻想に対してリアリティを感じている度合いを
「信頼残高」
と呼んでいます。


これは逆に言えば、
「お金に対する幻想を、幻想であると気付かせる」
とも言えます。

何度も言っている通り、お金は非常に不便なものです。

もちろん、嫌いになる必要はありません。
お金に対してネガティブな感情を持つような洗脳がかかってる人が多いので
それは脱洗脳した方がいいとは思います。

ただ、プラスのイメージを付ける事にばかりフォーカスして、
お金に対する幻想(お金に絶対的な価値があるという幻想)を
膨らましすぎるのも、それはそれでどうなのかなと思います。


お金は有形なものを交換するフェーズにおいては便利なので
一時的には集めたらいいのですが
なにぶん使い勝手が悪いので、
さっさと知識とか、信頼とか、人脈とかに変えてしまった方がいいです。

それも1つの分散投資です。


なんか、お金を必死に守ろうと、
ドルにしたりビットコインにしたり、
色んなものに分散するのもいいですけど、
お金以外のものにも分散した方がいいです。

いずれも、いつ幻想が壊れてもおかしくないものです。

有形なもので、幻想じゃなく本当に価値があるものは、
金(きん)とか、食料とか、そういうものだけで、
お金はもともと価値がないものだし、幻想もいざとなったら簡単に崩れます。


お金以外のものに分散するというのは、
例えば、お金を使って、誰かを助けたとしたら、
その人は、いざという時(本当に困った時)に助けてくれるかもしれません。

そして、知識に変えておけば、
いつでもお金を稼ぐことができるようになります。


前々回くらいにも言いましたが、
お金を自分のところに集めることができるとは、
情報重力(インフォグラビティ)をかけているようなものです。


重力というのは、
密度の濃いところから薄いところに対して働きます。

布団の中心にボーリングの球をドンっとおいたら、
まわりのものが引き寄せられますが、
それはボーリングの球を置いたところが密度が濃くなるからです。


それと同じで、空間に密度の高いもの(惑星)を置いたら、
空間が沈んで、まわりにあるものが引き寄せられる、
っていうイメージですね。

これは相対論的な考え方ですが、
それと同じで、自分の情報密度を濃くしておけば、
情報密度の差が生じて、情報重力が働くのです。


だから、
「学びて富みて、富みて学ぶ」
っていう福沢さんの言葉で言うなら、

学ぶ→情報重力が大きくなる→お金が引き寄せられる→お金を知識に変える
→さらに情報重力が大きくなる→・・・

このサイクルをしていけば、情報重力はどんどん大きくなって、
どんどん色んな価値が引き寄せられていきます。


「お金を知識に変える」というプロセスを、
「エネルギーの次元上昇」と僕は呼んでいます。

有形なエネルギーであるお金を、
無形なものに変換している(次元上昇している)という事です。


情報重力を大きくすればするほど、
より「幻想」に対して、高い臨場感を感じてもらえるのです。


前に、

エネルギー→<仕組み>→お金

という話をしました。


多くの人は、この仕組み(の原理)を理解せず、
ただエネルギーを投じて、変換されたお金だけを受け取っている、
ということです。


本来、皿洗いを1日中していたら1万円もらえる、
なんてことはおかしいわけです。

そこに何の因果関係もないから。


でも、エネルギーをお金に変換する仕組みを使わせてもらっているおかげで、
皿洗いをする以外に一切何も考えずとも、
なぜかお金がもらえてしまうのです。


時々、皿洗いをしている(側の)人は、
仕組みを作っている側の人を見て、

「俺たちはこんなに働いているのに、あいつらは何もしていない!
にも関わらず、俺たちが汗水垂らして働いたお金を吸い上げている!!
これは搾取だ!!!」

って言ったりします。

時には革命を起こしたり、ストライキを起こしたりします。

まぁこれはそっち側の人の理屈です。


逆に、仕組みを作っている側の理屈としては、

「いやいや、こっちが仕組みを提供しているから、
価値を生み出すことを考えずにお金もらえてるんじゃないか!
その分こっちがもらうのは当然で、それが嫌なら自分で価値を生み出したらいいじゃないか!」

となるわけです。


まぁこのパラダイムの違いが、
雇用者ー非雇用者で起こるトラブル、
能力差がある2人がJVする(一緒にビジネスする)時に生じるトラブルの
原因の90%くらいを占めるのですが。


幻想は、エンターテイメントとしての機能も果たします。

これからのビジネスは「教育」か「エンターテイメント」になる、
ということを僕はずっと主張してきましたが、
いずれの場合も幻想は必要なものです。


前に話した5つのタイプで言う「芸能人タイプ」(例:Youtuberなど)とかは
自分に幻想を作り、幻想をエンターテイメントとして提供するビジネスです。

Youtuberの動画とかにずっとハマる人は、
その人が作った幻想にハマっているのです。

ゲーム中毒と一緒ですね。

そういえば、時々、ゲームの世界にハマって、
全財産のほとんどを課金する人とかもいるそうなのですが、
これはゲームの世界にリアリティを感じ、
その幻想が崩れないと信じている人がするのです。

恋愛ゲームに極端にハマる人は、
リアルの異性に対して不完全さを認められず、
ゲームのキャラクター(二次元)に完全性を見て
「絶対に幻想を崩さないでいてくれる彼女」
を好きになるのです。


ただし、エンターテイメント的な幻想が維持する人はどうしても少なくて、
多くの人は、すぐにその世界から覚めてしまいます。
(持続時間が短いということ。)

その理由は、現実世界と乖離しているからです。


一方で、

幻想×教育ビジネス

というのは強いなと思います。
(エンターテイメント要素もあるとなお良いでしょう。)


幻想を抱き続けることで、
それが現実世界を良くしていくからです。


幻想×エンターテイメント

の場合は、現実世界を良くするというよりは、
虚構の世界に行ってもらって、そこを楽しんでもらうのに対して、

幻想×教育ビジネス

は、それ(虚構の世界)を現実世界と繋げることが必要です。


どうやって教育するか?というと、
お金よりも、より上位の幻想を作るのです。

それによって、お金に対する幻想を壊します。


まぁ要するに「ステージを上げてもらう」という事になるわけですが、
それだとボンヤリするので、
なんらかの尺度に変換する(実利益と繋げる)とよりイメージしやすくなります。

例えば、ビジネスで結果を出す、とか、英語が喋れるようになる、とか、
モテるようになる、とか、健康になる、とかですね。


自分が提示する「お金よりも上位のもの」に幻想を抱いてもらい、
それを求めていく事で、現実が良くなっていく、という仕組みです。


そのために、まずは何らかの幻想を作ることが必要です。

最初は「自分に対する幻想」でもいいんだけど(芸能人ビジネスですね)、
それを途中で「よりその人の人生が良くなるもの」に対する幻想に
切り替えてもらった方がいいです。

なぜかというと、人に対する幻想は、簡単に壊れてしまうからです。
だから最初はいいけど、途中から違うものにズラしていった方がいいのです。


「お金に対する幻想に気づく」
というのは、人生で成功するための第一のステップみたいなものですね。

「お金に絶対的な価値がある」と信じている人は、
無形のものに対してお金を払うことができません。

そして、人生を大きく変えるきっかけになるのは、
大抵、無形のものに投資した時です。

つまり、お金に対する幻想をいつまでも抱いているうちは、
人生を大きく変えるチャンスが目の前に来た時に、
ブレーキが働き、行動できない(チャンスを掴めない)のです。


そして、多くの人はその状態から抜け出せずにいるので、
それに気づいてもらうために、
「お金よりも、さらに上位の幻想に切り替える」
というのが有効なのです。

人はどこまでいっても幻想を求めていたいからです。


ビジネスを作りたかったら、
「より上位の幻想」を作り、そこにリアリティを感じてもらって、
それを求めていくと現実もこんな風に良くなる、ということを提示して、
それを達成するための具体的なステップを教える、
という流れを作ったら良いのです。


この辺の話が理解できないと、
ブランディングとか、コミュニティビジネスとかの本質が分からず、
テクニック的なことを聞いてもうまく使いこなせないので、
まずは原理原則を理解して、ゲシュタルトを作ってもらえたらなと思います。


ちなみに、本当はもう1つ、
幻想だったらなんでもいいってわけではなく、
お金に対する幻想をより膨らませるというか、
その延長線上でしかない幻想を作っていくことが
いかに人を不幸にするかって話もしたかったんですけど、
時間がなくなったので、これはまた別の機会に!

要は、「幻想作ればいい」って聞いて、
安易に虚構の世界を作ればいいというわけではないし、
それとは真逆の話をしてるんだってことです。


というわけで、今日はこの辺で。

それでは、ありがとうございました!



PS.
StoryWritingの講座、毎日すごい勢いで増えています。
どんどんコミュニティが盛り上がってきて、非常に楽しいです。
一緒に盛り上げて行きたい!って方の参加お待ちしています!!
http://www.sinrieq.com/nextgeneration/SW.pdf


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット 2018-04-24 17.13.47
  2. hora
  3. nennouryoku