ストーリーライティング

朦朧(もうろう)とした意識の中で・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

こんばんは、新田です。


今月に入ってから、時間が経つのがすごく早いなぁと思っていたら、
よくよく考えたら、先月半分くらい寝込んでいたので
そりゃそうか、という感じでした(笑


ちょっとその時の小話を1つ、させて下さい。


先月、僕は久しぶりに風邪をひいて、
かなり長い間、寝込んでたのですが、

あまりにシンドかったので、
近所の病院に行こうかと思って、HPを調べたら、
面白いものを発見しました。


それが、

「オンライン診察」

というものです。


LINEで予約して、

時間になったら担当医師とビデオ通話をして、

今の体温や、症状を伝えたら、
薬を処方してくれたのです。


しかも、

「近所の薬屋さんの場所を教えてくれたら、
 お店にFAXで処方箋を送ります。」

と言ってくれて、薬は、本人が行かずとも、
保険証さえ持っていけば、他の人が代理で受け取れると言うのです。


僕は、この親切設計に感動していました。


だって、これまで、病気になってしんどい時、

わざわざ病院に行って、長い時間待たされて、
でも実際の診察なんて数分くらいです。


あれが苦痛で仕方なかったから、
あまり病院に行くのは嫌だなと思ってしまっていました。



レントゲン撮ったり、精密検査受けるなら別ですが、
ほとんどの人は、1〜2分喋って、薬を処方してもらって終わりです。


だから、

「家で受けられるなら、その方が絶対良い」

と思っています。


ちなみに、その病院は、検査を受けたい場合、
別途、時間を指定してくれて、その時間に行けばOK、というものでした。


だから、わざわざ病院に行って、
狭い空間で咳してる人がいっぱいいる中で長時間待つ、
という不毛な時間が要らなかったのです。


しかも、後から困ったことがあったら、
また通話で相談にも乗ってくれると言ってくれるのです。



「なんて、素晴らしいシステムなんだ・・!!」

と思いました。


ところで、よくよく考えたら、

「これって、別に近所の病院である必要、無いよな・・・」

と気づいたのです。


だって、薬を処方してくれて、
指定した薬屋さんに処方箋をFAXで送ってくれるのです。


もしこの仕組みがもっと広まったら、

全国どこででも診察をオンラインで受けることができて、

精密検査が必要な時だけ、近所の病院を紹介してもらって、

ってできます。


これって凄いことですよね。


だって、病院って、行きたくないですもん(笑


ちゃんと精密検査を受けたい人、治療を受けたい人は別として、

実際に、病院にしょっちゅう行ってるのって、
ほとんどおじーちゃんです。


とある内科をやっている知り合いに聞くと、

別にそこまで体調悪くないけど、
「友達と喋りたい」という理由で、
ゲートボール仲間に会いに行くノリで病院に行く、という人が
意外と多いそうなのです。


そういう人は別にして、忙しい現代人にとっては
「オンライン診察」の仕組みが
もっと広まった方が良いに決まっています。


そしたら、もっと気軽に申し込めて、

全国で信頼できるお医者さんを探すことができて、

いつでも相談できて、お医者さんと心理的距離も近くなって、

「良いことづくめ」ではないでしょうか。

(そうなることで、逆に、病院に直接行く人も、
 待ち時間が減って、恩恵を受けます。)


今の病院って、ほとんどが、

長い時間待たされた挙句に、

「はい、じゃあ症状教えてください」

って言われて、それを話したら、

「あぁ、じゃあ薬出しときますね。はい、次の方〜。」

と言われて終わりです。


もちろん、そうじゃないお医者さんも沢山いるのでしょうが、

誤解を恐れずに言えば、今の「医者」というものは、

まともなコミュニケーションをとったり、

信頼関係を作ったり、そんなことをしなくても、

「医師免許を持っている」というだけで、

無条件で商売として成り立ってしまう、というのが事実です。


なぜ、そうなってしまうのか?と言うと、


そもそも、医師免許は、

ただひたすら家で勉強して、

知識を脳に詰め込みさえすれば、

取れてしまうからで、


信頼関係をどうやって構築するのか??とか、

あたたかい関係、
安心できる空間を作るにはどうしたら良いか??とか、

そういったことをまともに学ぶ機会は

今の学校教育には存在しないからです。


もちろん、それは医者に限った話ではなく、

「あらゆる業界が、そういう構造になっている」

という現実があるのです。


そしてこれは、今後、僕らの世代の人たちが、
変えていかなけばいけないことだと、強く思っています。


僕は、10年前から、

「これから、あらゆるビジネスがネットビジネス化していきます」

ということを、言い続けていました。


これは決して、

「単にネットで自動化して(仕組み化して)楽して稼げるようになる」

という意味ではありません。


そうではなく、オンラインを通して、

きちんと信頼関係を構築して、

自分が提供できるものを正しく表現できるようになることが、

必要になってくる、ということです。


先ほどの話で言うと、

これからの時代、医者は、

「近所にある病院(家から一番近いところ)」

を選ぶのではなく、全国から、

「この人に診てもらいたい!」

って自分が思う人を選べるようになるのです。


つまり、

「この人だから!!」

と思ってもらわなければいけないのです。


ネットビジネスの本質は、

「オンライン上で、信頼関係をいかにして構築するか?」

にあります。


そのためには、

「自分は、どんな想いで、日々生きているのか?」

「自分は、どんな人と、どんな関係性を築いていきたいか?」

ということを、明確化する必要があります。


僕は、いつかネットビジネスが、世の中を変えていくと信じて、
本気で世界を変えたいと思って、ビジネスをやってきました。


もちろん、そんな中で、
自分自身も、信頼関係をきちんと築けずに関係が壊れてしまったことや、
大事な人が離れてしまったこともあり、

その度に、自分の無力さだったり、愚かさだったりを痛感しながら、

本当に理想的な生き方や、

理想的な人との関わり方だったり、

それをネットビジネスの世界で広めていくにはどうすれば良いのか??

ということを、考え続けてきました。


その後、僕は、人生の師匠と出会い、

生きる意味や人生の本質、

人と人との関係性において
あたたかみをどう作っていけば良いのかなど、

多くのことを教わって、


よりより、

「ネットビジネスの世界に、この考え方、生き方を伝えていこう」

という意識が、強くなりました。


自分のことを

正しく、

変に飾ったり嘘ついたりせず、

ありのままに語って、

そしてファンができるって
こんなに素晴らしいことはありません。


「コアストーリー」を作るとは、
そういうことです。


今年は、全員で、
この「コアストーリー」作りを
やっていきたいなと思っています。


新企画は、間もなく始動予定です!!


楽しみにしてて下さい!


それでは、今日はこの辺で。

ありがとうございました。