お金の呼吸と自転車の法則

この記事は7分で読めます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

こんばんは、新田です。

連日、

・循環を作る
・リズムを作る

といったお話をさせて頂いています。


この「循環」「リズム」を作る、というのが、
錬金術の目指すところでもあります。


錬金術は、
「循環しているエネルギーから、
エネルギーを取り出して、形にする」
というものです。

「錬金術」っていうから特別なものに聞こえるかもしれませんが、
これって別にビジネスとかでも全く同じ原理ですよね。


つまり、
「なぜ、こんなことができるのか?」
というと、

大きなエネルギーの循環を感じ、
その中に、自分を置くからです。


だから、そこからエネルギーも取り出せるし、
それをアイデアに変換することもできるのです。


「お金」というのも、エネルギーです。


以前、

「お金とは、勝手にどこかから入ってくるものである」

という話をしました。


「お金の機能は、交換・保存・価値尺度の3つ」
というのは、形上はその通りなんですが、
いずれも本質ではないのです。


もう少し抽象度を上げると、
お金を「投票権」と見ることができます。

お金を沢山持っているということは、
沢山投票することができるのです。

多く投票された会社・人は生き残り、
投票されない会社・人は淘汰されます。


さらに抽象度を上げると、
大きなエネルギーの循環の一部が、
たまたま今自分のところにあるだけ、
と考えられます。


つまり、お金は、
自分が何かを提供した対価として受け取るものではなく、
自分がやったこととは(一見)無関係に
どこからともなく入ってくるもので、

一方で、自分自身は、
お金も含めたエネルギーを、
世界に対して放出し続けます。


これは、呼吸に似ています。


呼吸は、
呼:吐く
吸:吸う
となっている通り、
「吐く」がスタートです。


そして、
自分が吐いた息と、
自分が吸う息は、
無関係です。

いや、全く無関係ではないですが、
吐いた息は世界中の空気「全体」に影響を与えます。


自分が吐いた息は、世界中を旅します。

ヨーロッパに行くかもしれないし、
アフリカに行くかもしれないし、
南極に行くかもしれない。

巡り巡って、また自分のところに戻ってくるかもしれない。


お金も、同じです。

自分が仕事をする、
世の中に価値を提供するのは、
「息を吐く」
ようなものです。

そのエネルギーは、世界中を駆け巡ります。

それが巡り巡って、何らかの形で返ってきて、
息を吸っているが如く、お金が入ってきているのです。

このリズムが整っている人は、

「今、自分にとって必要なお金が、一番良いタイミングで入ってくる」

のです。

それこそ、息を吸うように自然とお金が入ってきて、
息を吐くように、お金を使うのです。


だから、僕は、結構お金を全部使ってしまったりとか、
今ある資産を全部消したりとか、平気でするんですけど、

「あっ、そろそろ貯金が尽きそうだな・・・」

って頃に、なんだかんだで、どこかしらから入ってきます。


なので、やりたいことで、お金を理由にできなかったことは
今まで一度もありません。


エネルギーは、お金以外の様々なものになります。

今、自分にとって必要なものに変換されるイメージです。


つまり、このエネルギーの循環が大きくなると、

「こういう人と出会いたいな」

と思ったら、まさにそのタイミングでそういう人が現れたり、

「こんなことやってみたいな」

って思ったら、ちょうどそれができる流れが来たりとか、


「今、自分にとって必要なもの・人・情報・アイデアが、
もっとも良いタイミングで来る」

ようになります。

まるで、未来を先読みして言っているかのような、
そんな感覚ですね。


でも、調子が悪い時もあります。

エネルギーが切れてて、呼吸困難になっている状態です。

呼吸が浅いと、息を吸おうと思っても、
なかなか入って来ずに、ゼーゼー言ってしまいますよね。

そういう時は、リズムを整えないといけません。


慣れないうちは、一度リズムが崩れると、
しばらく引きずってしまいます。

しかし、エネルギーの概念が分かってくると、
一度リズムが崩れても、復活が早いのです。


人生は、自転車に乗ることに似ているなって思います。

循環が良い状態は、タイヤがある程度回っている状態です。

平坦な道であれば、順調に進むでしょう。


しかし、たまに坂道を登らないといけないことがあります。


坂道は、最初の段階で、

「あっ、ちょっと傾きが急になってきたぞ。
少し強めに漕いでおいた方が良いな」

って気づけば大丈夫です。


そうやって、強めに漕げば、
坂道でも乗り切ることができます。


しかし、最初に気づかずに、同じペースで乗っていると、
途中でどんどんペダルが重くなってしまい、
最終的には止まってしまいます。

そして、一度止まると、また復活するのは大変・・・!


一方で、くだり坂の場合、
楽に漕げてしまうので、
スイスイ進めることができます。


しかし、今度は、
「楽勝だ〜!」
って言ってると、
スピードを出しすぎてコケるかもしれない。

あるいは、楽して「もう漕がなくてもいいや」って思っていたら、
坂道が終わった後で、気づいたら止まってしまうかもしれない。


こんな風に、人生にも、
「一生懸命こがないといけない時期(登り坂)」
「スイスイ進める時(下り坂)」
というものがあって、
しかも、それらには「兆し」があります。


孔子が書いた本の中に、
「易経」というものがあります。

「易」とは何か?というと、

「その瞬間の兆しを読む」

ということです。


これを、
「八卦」
の組み合わせのパターン(8×8=64)によって
読んでいくわけです。


つまり、
「あっ、もうすぐ坂道だ」
とか、
「この下り坂はもうすぐ終わるな」
とか、そういった「兆し」を読めるようになると、
それに合わせて、ペダルの漕ぎ方を変えていけるのです。


「戦略軍師」と呼ばれている人たちは、
この「兆し」を読むプロなのです。

「サッカーの監督」とかに必要なのも、
この「兆し」を読む力です。

「あっ、流れが悪くなってきたな。」
という兆しが見えたら、攻めないように選手に伝えて、
「今は行ける流れだ。」
って分かったら攻めるのが得意な選手を入れて・・
という感じですね。


大きなエネルギーの流れを読むことができるから、
それに合わせて、循環のさせ方を変えていけるのです。


それを知らずに、
「いきなりフルアクセル」
でやってしまうと、
一瞬でエネルギー切れになってしまいます。

・・・というか、「起業したい」って言って、
失敗する人のほとんどはコレ。


自己啓発のセミナーとかを受けて、
一時的にやる気になって、フルアクセスをかけまくって、
そのままエネルギー切れになってしまうのです。


それよりも、最近よく言っている通り、
リズムを作ることが大事。

自転車も、リズムさえできたら、
漕いでてもそこまでエネルギーを使わなくて済みます。

大変なのは最初だけなんですね。

バランスが取れて、リズムができてきたら、
止まらない限りはずっとスイスイ進めます。


そして、イメージしてもらいたいのは、
今、自分の目の前に、たくさんの道があって、
その中には傾きが急なものもあれば、
緩やかなものもある、という状況です。

それぞれの道は、未来に繋がっています。

傾きが急な坂道ほど、叶えるのが大変な未来です。


じゃあ、
「叶えるのが大変な未来」
に行くためにはどうすれば良いのか?というと、

1.坂道に行くまでに勢いをつけておく

2.そもそも自転車の性能自体を上げる(電動自転車にする)

ということが必要です。


これまでは、「1」の方法だけを伝えてきましたが、
今年からは「2」の方法も、伝えていけたらなと思っています。


当然、電動自転車は、その前に「充電」しておく必要があるので、
適宜充電しながら、必要なタイミングで
一気に加速できるようにしておくのです。


常に、自分の目の前には、
無数の未来が同時に(確率的に)存在していて、
どの未来を選ぶかは、自分で選択できるのです。


しかし、「選択肢」自体が少ない(見えていない)人もいれば、
見えても、そこへの行き方が分からない人がほとんどです。


逆に言えば、「運が良い人」というのは、
色んな選択肢が見えて、そこに行くための具体的な方法が「分かる」のです。


だから、運が良い。

つまり「運も実力のうち」とは、まさにその通りなのです。

エネルギーが切れたら、運が悪くなります。

エネルギーが上がって、循環が整っていれば、運が良くなります。
(エネルギーが上がっても、リズムが整ってなかったら、
一時的に運が悪くなってしまいます。)


ところで、お金について、
最近、こういう相談メールがよく来ています。

「今期のネクディメに、どうしても参加したいんだけど、
生活に余裕があるわけではないので、お金の部分で心配です・・・」


まぁ、基本的には、

「無理して入らなくていいんじゃないですかね。」

と答えてるんですが、
そう言ってしまうと元も子もないし、


「それでも、どうしても、入りたい・・・!!!」

という場合に限って、
オススメの方法を紹介します。


あっ、ちなみに最初に言っときますが、
借金するとかは、全くオススメしません。


そうではなく、
まず、「(未来で)入った気になる」ことです。

(ちなみに、仮に申し込みをしても、
お金を払わなければ後からキャンセルできるので、
それも1つの手です。)


そして、申し込んだ気になって、

「お金は後から入ってくる」

と思っておきます。


未来では「参加している」ことが確定しているので、
そこに行くための壁は、必ず乗り越えられるからです。


次に、とにかく、

「参加したら、こんなことしたいな」

とか、

「こんな風に活動していこう」

という臨場感を高めていきます。


そして、自分が活動することで、
まわりの人がどんどん幸せになっていく、
というイメージを高めていきます。

(あるいは、去年Utageに参加されていた方は、
ネクディメとの「関係性」にエネルギーを入れまくってみてください。)


そんな風にして、だんだん、
「参加するのが当たり前」
っていう感覚になってくると、

「ポンっ」と、参加するためのお金を
生み出す方法を思いついたりします。

あるいは、偶然、どこからか臨時収入が舞い込んできたりします。


そんなアホな・・・!と思われるかもしれませんが、
今まで、これを実践して、本当に
「参加費ぴったりのお金が入ってきた!」
という方が、数え切れないくらい沢山います。

もう、まるで「入るために見えない力が働いた」としか思えない奇跡が起こり、
そういう人は、入ってからの成長がとんでもなく早いです。


まぁ、もしそれで入ってこなかったとしても、
もう入った気になってしまっていれば、
結果的に、参加できなくても大丈夫です。

これまで僕が発信してきたことを復習して、
「自分は参加してないけど、参加者の皆と繋がってる!」
って意識して、日々実践してもらえれば、
後からちゃんとお金は入ってきます。


ポイントは、

「意識を、大きな循環に切り替える」

ということです。


「うーん、お金がないから参加は無理そうだな。」
っていうのは、
「今の循環」
を基準に考えている状態です。

その循環を、もっと大きなものに切り替えることができたら、
意外と、どこからともなくお金が入ってきたり、
今までとは全く違ったルートでお金を稼ぐ方法が思いつきます。


大きな循環の一部に自分がいて、
自分は呼吸をしている。

呼吸をするようにお金を稼いで、
息を吐くようにお金を使う。


リズムが良ければ、
つまり大きな循環の中にさえいたら、
全てを失っても、何度でも復活できる、
と確信を持てるようになります。

何かを失ったら、違う形で返ってくるのです。


これに気づけば、人生の悩みや苦しみの99%は消えます。

失うことが怖くないから。


でも、悩みは消えません(笑)


残り1%が、本当に大事な悩みです。

多くの人にとっての99%の悩みは、
実はどうでも良いことです。

いかに「残り1%」を考えることができる世界に
切り替えられるか、です。


ここまで来たら、苦しくても、大丈夫です。


なぜなら、

「まぁ、苦しいけど、きっとまた(いつものように)なんとかなる」

って思えるようになります。


だって、どんなに闇が深くても、
いつも必ず、夜明けはやってくるから。


1%の悩みだけに集中できる人生は、
結構楽しいものですよ。


というわけで、ぜひ、
「大きな循環を感じて、リズムを作る」
というのを、意識してみて下さい!!


講座では、具体的にどう実践したらいいかを
解説していきますね!!
(皆で実践しましょう!)


それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。



PS.
「私は年齢が50代なのですが、NDは若い人メインになりますか・・?」
という質問が結構たくさん来ていました。
今回のNDは、年齢はバラバラで、20代〜60代まで、幅広くいます!
「若い人しか参加できない雰囲気」にはしたくないし、
「新旧融合!」がテーマなので(旧とか言っちゃうと失礼ですが)、
年齢は、全く気にしないで下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2020 03.12

    リズムを掴む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。