脱・情報弱者!!

この記事は5分で読めます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

こんばんは、新田です。

昨日からいよいよ、消費税10%になりましたね。

ちなみに、僕の講座は、だいたい「3万円」「5万円」みたいに
ポッキリ価格にしているので、
こういう人にとっては、消費税が上がるたびに
どんどん利益が下がっていくという(笑)

まぁそれはあんまり気にしていないんですが、
今回の増税で、日本中がパニックになっているそうです。

なんでか?というと、
今回、めちゃめちゃややこしい法律で、
「消費税10%のもの」と、
「消費税8%のままのもの」が
あるんですね。

簡単にいうと、
飲食料品だけ消費税8%のままなんだそうです。

しかし、
「店内で食べた場合」は
10%取られるんだとか。


そうなってくるとややこしいのが、例えば、
「テイクアウトして、それを店内で食べたらどうなるの?」
みたいな話です。


そもそもこのタイミングで消費税増税自体がおかしな話なんですが、
このややこしすぎる法律のせいで、
全国のお店で大混乱が起こり、
全国の税理士がブチギレてるのだそうです・・・汗

もう、ほんっと、ひどいですよね(苦笑)


ところで、先日、ネクトラで講師をしてもらっている
神谷宗幣さんと打ち合わせをしていました。

神谷さんは政治家の人脈が多いので、
今話題のN国のあの人と最近会った時のエピソードとか
色んな政治の裏側を聞かせてもらい、

「今後、日本はどうなっていかないといけないのか?」

を語り合っていました。


僕が思うに、今の政治って、何が問題なのか?というと、

「一票の格差がない」

ことだと思っています。


だって、

めちゃめちゃ頭が良くて、
心から日本の未来のことを心配し、
全国民が幸せになるためにどうすれば良いかを
日夜考え続けている徳の高い人



何も考えず、成長せず、流されるがままに生き
メディアに踊らされ続ける情報弱者

の1票が同じなんですよ。


エネルギーで言ったら、1000倍〜10万倍くらい違うわけです。


これで一票の格差がなかったら、
恐ろしいことになります。
(ここでいう「一票の格差」は
世間で言われているものとは定義が違います。)


なぜなら、世の中の99%は情報弱者だからです。


つまりどういうことかというと、

「情弱向けに特化したメッセージを発信したら、勝ってしまう」

わけです。


「じゃあどうしたらいいんだ」

ってなるんですよね。


理想は、

「徳の高い、知性のある人たちが、全部決める」

ってことなんですけど、
これは理想論でしかないです。


だって、「誰がそれを決めるんだ?」って話になって、
結局決める人が情弱だったら、ロクな人が選ばれないからです。

そして、情弱というのは、

「知性があって、志があるように”見せたら”騙せてしまう」

のです。


なんかこう書くと、
情報弱者を思いっきりディスっているように
聞こえるかもしれませんが、

誤解を恐れずに言うと、僕は情報弱者否定派です。

情報弱者が悪いと言うよりは、
「情報弱者から抜け出そうとしないこと」
が悪いと思っているのです。

世の中の99%が情報弱者なのは、しょうがないことです。

だって、そうなるようにずっと教育を受けてきているわけで、
あらゆるメディアが情弱をさらに情弱になるように
“教育”しているからです。


よく、マーケティングの世界で、
・リストを集めて
・教育して
・セールスする
の3ステップが大事と言われていて、
これを(僕の中では死語ですが)DRMとか言われています。


でも、現実は、世の中にあるほとんどのマーケティング、コピーライティング、
もっと言えば「人を動かす系」「心理学系」「成功法則」は、

・情弱な人を集めて
・より情弱になるような情報を提供し
・思考停止状態にして買わせる

というノウハウです。

「教育」という名の「洗脳」です。


厄介なのは、そういう人に限って、

「見せかけの志」

を持っているのです。


だから、情報弱者から見たら、

「すごく、志があって、頭が良くて、素晴らしい人間」

に見えてしまうのです。


でも、分かる人が見たら、

「この人、色んな知識持ってるけど、薄っぺらいなぁ・・・」

「この人、口ではこう言ってるけど、全くそんなこと思ってないんだろうな・・・」

「綺麗に誤魔化してるけど、明らかに情報弱者を狙って言ってるんだろうな・・・」

とか、分かっちゃうわけです。


でもって、少し冷めると同時に、
「まぁでも、そうしないとやってけないんだろうな」
って思う面もあります。


特に、政治家とか、メディアに出ている人間は、
情弱層(99%)に嫌われたら、もう終わりですから。

まぁ広く言えば、99.9%は情弱です。

それなりに勉強して頭が良くたって、
騙されるときは騙されるのです。
(しかも、全く無自覚に。)


だから、99.9%の情弱に嫌われたら、
数の力によって潰されてしまうのです。

なので、情弱の人に向けたメッセージも
ある程度は必要です。

でも、大事なのって、
どれだけ99.9%の世界で生きていようと、
0.1%は守り続けるってことだと思うのです。

それは、
自分の信念だったり、
本当に大事な仲間だったり、
絶対にブラしたくないもの、
手放したくないもの。


それを手放してまでビジネスをするくらいなら
稼げない方がマシだ!って思えるかどうかです。


ちなみに、僕は別に、

「このメルマガを読んでる人は、残り0.1%の人間なのです!
僕たちは特別なんです!」

みたいなことが言いたいわけではありません。
(そういう言い回し自体が情弱向けなのです)


僕が言いたいのは、

脱 ・ 情 報 弱 者 !!!

です。


こんなこと言われて、
まるで自分が情弱だとバカにされているように思ったなら、
それは違います。

そもそも、僕も、情弱から完全に抜け出しているとは思っていません。


「あぁ、自分は情弱だったな」

って、今でも思うことはしょっちゅうあります。


むしろ、日々生きてて、そう思う瞬間がない人って、
やばいと思うんですよね。


自分が情弱だってことに気づきもしないほどの情弱ほど
情弱な情弱はいないでしょう。


無知の知すらない情弱は、いいところまで行って
最後に全部持っていかれます。



「情弱狩り」をする人には、2種類います。


1つは、露骨に情弱にピンポイントでターゲットを絞り、
ヴァサーーっと網を投げて、
一網打尽にして、刈り取ってしまうパターン。


まぁ、これは、誰が見ても品がないし、
こういうのに引っかかる方が悪いとすら思えるので、
いいんですが。


もう1つのパターンは、
情弱を、弱火でコトコトと煮込んで、
気づかないうちに茹でガエル状態にされるケース。


これが大変で、
適度に良い情報をくれて
頭が良くなった気になって
だけど大事なものが失われてしまっている、
という風になります。


世の中のほとんどはそうなってしまって、
とことん情弱ラットレースから抜けられなくなってしまっています。


だから、

「脱・情報弱者」

する人が1人でも増えて、
そういう人が情報発信して、
良い影響を与えていかないといけないのです。


ちなみに、僕は、
情弱であっても良いけど、そこから抜け出そうと努力しない人は、
なるべく来ないように意識して書いています。


つまり、

「そこ(情弱)から抜け出そうと努力しない人」

が読んでも、あまり意味が分からない(ピンと来ない)ように、
フィルタリングをかけて送っているのです。


というか、脱・情報弱者してくれないことには
(厳密には、完全に抜けることはできないけど、ある程度抜けてもらわないと)
ビジネスなんてもっての外だからです。

まぁもし仮に、何らかの奇跡が起こってビジネスで成功しようものなら
余計人生はおかしくなるでしょう。


前回のメールで
「たった0.1%だけ未来を信じる力」
という話をしましたが、
(あれは、めちゃめちゃ反響が大きくて、
「感動しました!」って言ってくれる人もかなり多かったので
ぜひ何度も読んで欲しいです)

ホンモノの知性は、
自分がもっとも苦しい時、闇にどっぷり浸かっている時に、
一番大事な0.1%を掴み続けることができるかどうか?
だと思うのです。


何度も言いますが、
それができたら、人生はかなり変わります。

情弱は、エネルギーも時間もお金も、常に搾取され続けます。

もっとも大事なタイミングで、選択をミスります。

闇に飲み込まれそうになった時、簡単に大事なものを手放してしまいます。

人生変わりそうなタイミングで、そのエネルギーを全部吸い尽くされてしまいます。


だから、

「脱・情報弱者(情脱)せよ!!」

なのです。

(何度も言ってますが、上から目線で言ってるわけではなく、
「一緒に情脱しましょう」と言っているのです。)


で、学んで、同時に、
きちんと情報発信して、
それをお金に変えて、
経済的な循環も起こしていきましょう。


お金じゃなくても、
何らかのエネルギーを循環させないと
いくら学んでも意味がないです。


最近は、
Iotだの、5Gだの、VRだの、
そういった言葉が当たり前になってきて

簡単に言ったら、

「情弱は、より情弱化される」

のです。


選択肢が増え、可能性が増えれば増えるほど、
情弱は「もっともダメな選択肢を選ぶ」ようにできているのです。

“情脱”すれば、
情報弱者が考えることなんて手に取るように分かるし、
洗脳することも、扇動することも、搾取することも、非常に簡単です。

「でも、そんなこと一切やらないでも、生きていける」

ようなホンモノの知性を作る、というのが、
Next Tribeで目指していることです。


真の洞察力の磨き方、日本人としての生き方、
今、世界で何が起こっているのか?
これからどうなっていくのか?

そういったことが丸ごと学べる講座になっています。


「自分はバカだから・・・」

とか、言ってられません。


圧倒的なエネルギーを脳に流し込んでいけば
勝手に頭は良くなっていきます。


皆で”情脱”しよう!!というのは、
これからのキーワードにしていけたらと思います。


それでは、今日はこの辺で。

ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。