人類全員コミュニティビジネスの達人になった方が良い理由

この記事は5分で読めます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

こんばんは、新田です。

新講座”NextTribe”の準備が着々と進行しています。

近日中に公開できると思いますので、
もうしばしお待ち下さい‼︎


さて、僕はかねてより、

「人類全員がコミュニティ作りの達人になった方が良い」

ということを言っています。


「いや〜、自分は起業とかしないし。」

とか、

「サラリーマンやってるから関係無いし・・・」

とか、

「まだ学生だから・・・」

とか言ってコミュニティ作りを学ばないのは、
非常にもったいないことです。


そもそも、コミュニティを作るって聞いた時に、
なんとなく、「自分で会社を経営する」みたいな感覚になるなら、
それはちょっと違うんじゃないかなと思っています。


僕が最初にコミュニティを作ったのは大学時代です。

皆で大学の単位を取ろう!!
と声をあげて、結構な人を集めて、情報をまとめたりしていたし、
僕の作ったコミュニティのお陰で教職が取れたって人も結構いました。


なぜ、コミュニティを作ったのか?っていうと、
その方が、自分もまわりも、生きやすい環境になるから、なのです。


つまり、コミュニティを作るというのは、
皆で、その環境において、より生きやすい空間を作る、
ということです。

もっと言えば、その空間において、
外とパラダイムを変えてしまうのです。


その代表例としてよく挙げているのが
「ディズニーランド(をはじめとするテーマパーク)」
です。

あれが100%良いコミュニティなのかどうかは一旦おいといて、
明らかに、あの中にいる時は、外とは違った価値基準で
皆が行動するんですよね。


まぁ簡単に言ったら、
「ミッキーは本当に生きているんだ!!
中の人なんていないんだ!!」
っていう”信仰”をするわけです。

これを「共同幻想」って言います。


まぁ簡単に言ったら宗教なわけです。

その共同幻想があって、
現実世界に存在しない生き物がわんさかいるという催眠を全員でわざとかかって
その世界を楽しんでいるわけですね。
(なので、多分、僕がディズニーランドで行った時の楽しみ方は
世の中の多くの人の楽しみ方とは全く異なります。
催眠にかかって楽しむのではなく、催眠をかける側の視点に立って楽しむのです。)


当然、資本主義というのも、原理的には同じです。


全員で福沢諭吉ファンになって、
紙切れに「共同幻想」を抱いて、
それによって経済を回しているわけですね。

これも宗教なのです。


だから人は、本質的に宗教的な生き物であり、
「自分は無宗教です!」って言ってる人も
それは「どこかの団体に登録してない」だけであって
実際は色んな宗教に入ってるんですよ。


でも、
「どの価値観(パラダイム)を採用するか?」
というのが非常に重要になってきます。

だって、その価値観が、自分の選択の基準を決め、
それはイコール自分の行動を決めるわけですから
毎日の生活がガラッと変わって
もっと言えば人生が変わるのです。


だから、どういう価値基準を採用しているのかを
伝えていくのが、セールスの前段階で必要なのです。


そして、ビジネスにおいて、
「信頼」ということがよく言われますが、
何に対して信頼してもらったら良いのか?というと、

「この人の価値観を採用した方が、人生よくなるな」

ということを、信頼してもらえたら良いのです。


なんでか?っていうと、そもそも、

「この価値観を採用した方が人生良くなる」

というのは、矛盾を含んでいるからです。


だって、それを現時点で採用していないということは、
そのパラダイムを真には理解できていないからです。


これはもう、実際に受け入れてみないと、
分からない世界なんですよね。


だから一歩踏み出してみるしかない。

でも、怖い・・・


「だけど、この人のことを信頼して、
とりあえず”いったん”採用してみよう!
どうなるかは、後から考えよう!!」

と思って、買ってもらう。


これがコミュニティ作りです。


そうじゃないビジネス(=非コミュニティビジネス)として
僕が挙げているのが、

「その人のパラダイムを変えないまま、
その世界においてメリットだけを提示する」

ということです。


まぁ分かりやすく言ったら、
「1万円払ってくれたら、1ヶ月後に確実に10万円になります。」
っていう感じ。

実際にこんなことできるのかどうかはおいといて、
もしこれが可能なのであれば、皆払うわけです。


でも、これをやっても、その人の人生は何も変わりません。

価値観が一切変わらないからです。


メリットデメリットだけの付き合いによって集めるのは
コミュニティではありません。


コミュニティというのは、
外と内で、何らかのパラダイムの変容が必要です。


そして、それは段階(層)があって、
一番奥の層にあるのが、

「人と人が、どんな繋がりを作っているか?」

ということです。


その上(第2層目)が、

「どんな理想の世界を目指しているのか?」

です。
(ここには、「成長する(ステージを高める)」「エネルギーを循環させる」といった
意識の共有も必要です。)



最後、一番上(第3層)にあるのが、

「どんなスキル、ノウハウ、知識を身につけたら良いか?」

です。


自分の中で、この「価値観の層」を作り、
それを軸としたストーリーを打ち出し、
コミュニティを形成していく力。

この力があれば、別にお金とか興味ないって人でも、
大学生だろうと、サラリーマンやっていようと、
自分が所属している場において、別の空間(ザ・ワールド)を作り、
別のルールで動かすことができ、”生きやすくなる”のです。


そして、これからの時代、
会社がどんどん潰れていったり、
学歴とか資格があまり意味をなさなくなったり、
という風になっていくということは、
「自分が信じた宗教が簡単に崩壊してしまう」
可能性があるのです。


だから、有形のものではなく、無形のものに価値を置くような
そんな生き方が大事になってくるし、
そういう価値観を採用するコミュニティを
僕はずっと作ってきています。


今回も、一応「歴史」というのをテーマにしていますが、
別に歴史の知識を入れることは正直どうでも良くて、

それよりも、それを通して「新しい価値観」に触れて、
それで自分の毎日の選択や価値基準が少しでも変わったら
絶対に人生が変わると思っています。
(それは、これまで開催したいずれかの講座に参加したことがあるなら
実感して頂けている筈です。)


皆がコミュニティ作りの達人になれば、
世の中どんなに良くなるか・・!って思っています。

でも、たとえコミュニティを作ったとしても、
それは土台となるコミュニティの上に作っているものです。


例えば、僕らはどう転んでも、資本主義から完全に逃れることはできません。

無人島に行って完全に隔離された世界で生きていくとかなら別ですが、
通常、あくまで資本主義のルールにのっとって、生きていかないといけないのです。


だから、仮に自分が作ったコミュニティの価値観が、
明らかに資本主義と「矛盾」を起こしてしまうと、
そのコミュニティはいずれ崩壊します。

逆に、そのコミュニティが大きくなりすぎたら、
資本主義を崩壊させる動きにつながります。
(歴史上、そうやって多くの戦争が起こってきました。)


大事なのは、
「いかに、より統合された上位の価値観を作るか?」
なのです。


そして、日本人である以上は、
もっとも根底に、「日本人の精神性(大和魂)」が
ベースにあった方が良いのです。


そうじゃないコミュニティを作っていくというのは、
言うなれば、ジェンガーをやって、
底の方からどんどん抜いていって全体がグラグラしている状態です。


根底がグラついているのに、一生懸命上を積み上げたって、
最後は一気に崩壊してしまいます。


かと言って、日本人の精神性なるものが大事、としつつ、
海外から来たものも、良いものはどんどん取り入れていこうよ、
というのが僕の考えです。

海外から来るものは「切れ味」があるので、
即効性が高く、使いようによっては非常に便利なのです。

ビジネスで言えば、短期間ですごい結果が出せたりもします。


だから刀もミサイルも使えばいい。

刀で精神を鍛錬して、大量の敵が来たらミサイルで爆撃したら良い。


そうやって、この生きにくい世の中で、
生きやすい環境を皆で作っていこう、
というのがNext Tribeでやりたいことです。


面白そうじゃないですかね(笑)

多分、かなり楽しい講座になると思うので、
楽しみにしてて下さい!


というわけで、今日はこの辺で。


ありがとうございました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:新田祐士



まずはこちらを読んで欲しいです。
当ブログの理念

オススメ記事はこちら!
オススメ記事