行列の出来るアフィリエイト相談所

この記事は6分で読めます

gyouretu
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 行列の出来るアフィリエイト相談所
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

朝っぱらからなんですが、
今日のメールは超長いです。
でも、重要なので読んで下さい。


まずですね、タイトルでピンと来たかもしれませんが、
「行列の出来る法律相談所」ってご存知ですか?

僕は今はもう見てないんですが、
高校時代、結構ハマって見てました。

司会は、今はいないあの人で、

当時、
・北村弁護士
・住田弁護士
・橋下弁護士(←現大阪市長)
・丸山弁護士
の4人の討論が、結構面白かったんですよね。

この番組では、
毎回視聴者からよせらせた法律相談を、
4人の弁護士が議論していくというものです。

例えば、
「有罪」「無罪」

とか、

「慰謝料を貰える」「慰謝料を貰えない」

とか、

「離婚できる」「離婚できない」

みたいな感じで、
それぞれの事例で、起訴した人の要求が通るかどうかを、
議論していく番組です。


で、実は、
この番組が出来る前に、
もう1つ、同じ様な法律番組があったんですよね。

みのもんたが司会の、
「The ジャッジ!」という番組だったんですが、

この2つの法律番組は大きな違いがあって、

「The ジャッジ!」では、
1人の弁護士が、回答を言って終わります。

つまり、
弁護士「この事例は罪になります。何故なら、~~~」

みたいな感じで、
結論を1つだけ言って、
「なるほどー」って思う様な解説がなされて終わり。

一方で、
「行列の出来る法律相談所」では、
ほぼ毎回、意見が分かれます。

北村「有罪」
住田「有罪」
橋下「無罪」
丸山「無罪」

観客「えぇ~~?!」

CM

って感じで。

最終的に、答えは出ず、
「有罪になる可能性は40%です」
みたいな結果しか教えてくれません。

そして、2:2とかに意見が分かれてても、
何故か北村弁護士のいる方が少し可能性が高くなるという、
謎の現象が毎回起きます。w




で、僕はですね、
アフィリエイターは、これを見習うべきだな、
と思うのです。


アフィリエイターっていうか、
情報ビジネスをやっている全ての人間ですね。


答えなんて、無いんだよ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

って事にいい加減気付かないと駄目です。


正しい答えなんて、ありません。

誰かが、「こうだ!」って言ったって、
また別の誰かが「いや違うこうだ!」って言ったりします。


じゃあ、どっちかが間違っているのか?

いいえ、違います。
どっちも正しいのです。

それぞれに、一理あるからです。

でも、この「誰かが言ってた」ってのを、
そのまま素直に間に受けないで欲しいのです。


一側面だけを捉えて、それを丸々うのみにしても、
意味無いですから。


僕は今まで、割と極端な事を沢山言ってきました。
業界の常識を沢山ぶち壊したかったからです。


例えば、皆が一生懸命特典の数増やしている中、
「特典なんて付けなくても売れます!」
なん事を言ってました。

し、実際一時期は特典無しで本当に売ってました。

でも、こう言うと、
「特典は付けない方がいいんでしょうか?」
「サポートは付けちゃ駄目なんですよね?」
みたいな質問が結構来たりしました。

いやいや、特典付けた方が売れるに決まってるから!
(魅力的な特典なら、ですけど。)


例えば先日、
「開封ギミックで~~」
の話をしたら、

「開封ギミックは使っちゃ駄目なんですね!勉強になりました。」
みたいなメールが沢山来ました。


いやいや、そんな事言ってません。
むしろ、上手な人はめちゃめちゃ効果を発揮します。



でもなーんか、言った言葉をそのまま間に受けられてしまうので、
「言いたい事、伝わんないんだなぁ」
と悲しくなったりします。


僕が言いたかったのは、
特典付けずとも売れる人間になろうよ(その上で付けようよ)
開封ギミックなんて付けずとも読まれるメルマガ書こうよ(その上で正しく使おうよ)
っていう事です。


僕は、特典付けてるし、開封ギミックもしょっちゅう使ってます。

でも、それを見て、
「なるほど、特典沢山付けたらいいのか!」とか、
「とにかく開封ギミック使ってメールを開かせればいいのか!」
みたいな勘違いをしてる人が沢山いたので、
それ(だけ)だとマズいんじゃない、って事を言ったわけです。


僕は、自分の主張してる事は正しいと思って主張してますが、
けど、別に自分の意見に対して、反論も出来ます。


例えば、
僕はコメント周りは散々否定してきました。

でも、「いやいや、コメント周りは大事です!」って主張も出来ます。
コメント周りを利用して集客する事は確かに可能です。


あるいは僕は、
再配布権利付商材も全面的に否定してきました。

でも、別に考え方によっちゃ、
非常に有効な使い方はいくらでもあります。
アフィリエイターにとっても販売者にとっても。


「コピペで稼ぐ」
これは、僕だけじゃなく、和佐さんをはじめ、
色んな人が批判してる事ですけど、

別にコピペで稼ごうと思えば、僕は稼げます。
やろうと思えばできます。


でもそれを分かった上で、批判してるわけです。



つまり、
僕は何かを主張する際は、常に、
・賛成派
・反対派
の両方の立場で考えていますし、
両方の意見を持っています。


じゃあ、何故中立な立場で意見を書かないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな事したら、一貫性が無いし、軸がブレて、
自分が本当に言いたい事伝わらないからです。


行列の出来る法律相談所で、
それぞれの弁護士は、反論される事は分かって議論してます。
反論する余地のある、曖昧な案件を扱ってるのですから当然です。


でも、北村弁護士が、
「これは○○の場合は無罪になる可能性も多少あるのですが、一応有罪です。」
とか言い出したら、信用無くなりますよね。


「これは罪になります!」
ってはっきり言ってくれるから、分かりやすいんです。


自分の主張を通す際は、
反対の意見なんて邪魔でしかないのです。


情報ビジネスでは、
何か伝えたいメッセージがあって、
皆が独自のストーリーを組み立てています。


その中で、
自分の主張を通すために、
時に邪魔な要素はあえて言ってはいけません。


だから、僕も含め、色んな人が、
時に偏った発言をします。


でも、それはあくまで1つの側面であるという事です。
それを理解せずに、「なるほど、そうなのか」と素直に受け入れると、
大変な事になります。


特に、一番最悪なのは、
「○○さんが言ってたから、これは正しい、これは間違ってる!」
みたいに言ってる方達です。

いわゆる、「○○信者です」って言ってる人です。
もう○○さんが言った事は全て正しいと思い込んでいるのでしょうね、かわいそうに。



信者ってのは、教祖の為に生きて、教祖の為に死にます。
だって、布教した時点で、その人の価値は終了です。

「布教した相手」は、「布教してくれた人」ではなく、
教祖様についていくわけですから。
自分にはついてきてくれず、その人との関係はそこで終了です。


お前の意見はどうなんだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

って言われますよ。


ただ、布教活動してるだけじゃ、意味無いですから。


今のこの業界は、例えるなら、

北村弁護士「有罪です!何故なら○○が××だからです。」

住田弁護士「北村さんが有罪ですって言ってるから有罪です!」

橋下弁護士「いいですか!○○は××なんですよ!だって北村さん言ってるじゃないですか。」

丸山弁護士「皆有罪って言ってます。だから有罪なんです。」

こんな状態ですよね。

一部の人間に、大衆が煽動されている状態です。


これは、煽動してる方が悪いのではなく、
されている方に問題があります。

思考停止状態なのです。


意味無いよ、それじゃ。

情報ビジネスの面白いところは、
それぞれの人が、それぞれの意見を、
それぞれの根拠をもって発信する所なのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特に理由も無い、
あってもまわりと同じような事を言ってるだけで、
何かを主張している。

そんなメッセージ、伝わりません。


僕が、よく否定する事は全て、
「業界の常識」と言われている事ばかり「あえて」選んできました。

これは別に他の人を否定したいから、とかそういう事ではなく、
「こういった見方だってできるんだよ」
って事を示したかったからです。


だって、皆が皆、口を揃えて同じ事を言ったら、
物事を1つの側面からしか見れなくなって、
本質を掴めない人ばかりで溢れかえってしまいます。

結果的に稼げない人だらけになります。


そうじゃなくて、
自分の世界を持って、その世界から発信すれば、
もっと自分の意見に耳を傾けてくれる人は増えるし、
もっと稼げるんです。


その為には、
1つの問いに対して、
色んな答えが出来る様にならないと駄目です。


「真実はいつも1つ」
みたいな、そういうバーロー思考はやめて、
色んな答えを考えてみてはどうでしょう。


この業界では、
長く続けてれば続けてるほど、
変なプライドというものが出来てしまいます。


そうなると、
新しい人が、新しい事を言っても、
それを受け入れられなくなってしまいます。

そういう人は、
「自分は正しい」(あるいは、「○○さんが言ってた事は正しい」)
と思って、他をよく知ろうともせず排除してしまうのでしょうね。


非常に勿体無い。


仰る通り、その人の意見「も」正しいのです。
でも、「正しくない」という答えも、できます。


その意見を一度取り入れてみるという、
柔軟な姿勢も持ってみてはどうでしょう。


勿論、ただ主張するだけで、
何の根拠も無い発言には全く意味がありません。


だから、きちんと”根拠を持って”発言する、という事は必要です。

それは他人の言った事をそのまま言うんじゃなくて、
自分で作り上げた世界観から発信するという事です。


それが、本来あるべき、情報発信なのだと僕は思っています。






・・・と、ここまで言っといてなんですが、

もちろん、今回の記事すらも、
正しいかどうかなんて分かりません。


なので、これが真実だなんて思わないで欲しいです。
そんな自己矛盾を内包した記事です、今回。


でも、粗探しして何か一部間違いが見つかったからって、
「それは間違ってる」なんて言ってても、しょうがないですよ。


僕は、稼いでる人が言ってる事は、
皆(どこかは)正しいと思ってます。

一理あるなと思った上で、
自分の主張を通す為に、違った意見を言ったりします。



そういえば橋下さん、今や市長になりましたが、
彼が何故あれほど支持されるのかというと、

まわりの意見を一通り全部聞いた上で、
それを全て無視して自分の主張を通してくるから、
言ってる事が「まともっぽく」聞こえるんでしょうね。


自分が正しいと思った事は、言ったらいいですよ。


もし、僕が言ってる事を、
「いや、それは違うな」って思うのであれば、
そう言ったらいいと思いますよ。

個人名を出して批判したりすると色々問題ありますが、
自分の主張を、しっかり根拠を提示した上で言うのであれば、
何ら問題ありません。


恐れず、自分の意見を言ったらいいですよ。



結局お前は何が言いたかったんだ?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

OK。まとめます。
箇条書きで。

・この業界に100%の正解なんて無い。
・全ての人の意見には、一つの側面として正しい部分がある(かもね)。
・それを一度はきちんと聞いてみるべき。
・特に、稼いでる人の言ってる事は柔軟に取り入れてみた方がいい。
・十分聞いた上で、それでも自分の主張が正しいと思うなら、そっちを通せばいい。
・1つの意見の一側面を捉えて信じ込むのは愚かな事。
・他人の意見をそのまま広める行為はただの布教活動。
・あなたはあなた。自分の思う世界を作って、自分の思う通りの発信をして欲しい。
・そしたらきっと、情報発信は楽しくなる。
・そしたらきっと、稼げる。
・少なくとも僕は、そういった人間をこれからも育てていきたい。
・明日の和佐さん&原田さんのセミナー楽しみ。
・今週もおつかれさまでした。



ではでは!また明日、セミナーで!

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. bagi
  2. kuukan
  3. classic
  4. netbusiness
  5. gugenka
  6. ideaism