大爆発を狙う戦略軍師

この記事は6分で読めます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

こんにちは、新田です。

新年明けて、
なんだか空気感が変わった感じがしますね。

新しい流れが来ている気がします。


さて、最近構想していることとしては、
(去年からちょくちょく言っていたことですが)

「コレクティブ・マーケット全体で100億円」

です。


これを、1〜2年以内に達成できたらなぁと・・・。


もっと言えば、

「お金の要らない社会(コミュニティ)を実現させる!」

ということを目指しています。
(ちなみに、僕は、月の半分以上を、財布を持たずに過ごしています。
引きこもってるという意味ではなく、
パソコンとスマホだけ持って東京ー大阪間を行き来してます。笑)


ネットビジネスの世界では、
個人で数億円くらいのビジネスは作れます。

でも、お互いの持ってるスキル、ノウハウ、人脈、お金を共有し合ったら、
全体で数十億、もっといけば100億はいけるんじゃないかな、と
(割と本気で)思ってます。


集客が得意な人は、どんどん集客してもらって、
コレクティブ・マーケットに繋げてもらったらいいし、
お金を稼げる人はどんどん稼いで、全体のために使ってくれたらいい。


僕も、ここ数年で稼いだお金だったり、雇っている人は、
色んな人が有名になるための広告費だったり、媒体構築だったり、
皆が使える場を作ることに95%くらい使ってきました。

それによって、どんどん新しい場が増えて、
協力してくれる仲間も増えていきました。


これからの理想の経済は、

「皆が、コレクティブ・マーケットの資産を増やしていく」

ということなのかなと思っています。
(なので、当然、その構成員に、自分のことしか考えていない人は
入れるべきではありません。)


もし、活躍する人(有名になる人)が1人でも増えれば、
その人と協力し合って、さらに大きなエネルギーを生み出せるので、
全体で使えるお金(を含めたエネルギー)は増えていきますし、

そうやってるうちに、なんだかんだで、
自分の会社の収益も、自然と増えていきます。


お金って、
「どこからともなくやってくるもの」
なんだなと実感します。


これをやっても、自分のメリットなんてあるんだろうか??

とか考えてるうちは全然お金は来なくて、

とにかくまわりの人たちの為に色々やって、
自分のお金はどんどん無くなってもいいや!って思ってたら、
全然関係ないところから勝手に集まって来るのです。


ダイソンの掃除機と一緒で、
中を真空にしておけば、
勝手に吸ってくれるのです。


「コレクティブ・マーケット」
は、言わば、あらゆる業界を超えた”商店街”のようなものです。

つまり、全員で協力して商店街に人を集めさえすれば、
その商店街にいる人全員が潤うのです。


なので、個人で「億」の規模のビジネスが作れる人10人と、
それをサポートする90人(計100人)が力を合わせたら、
「(ネットだけで)全体で100億以上」
は可能だと思っています。

当然、それに付随する物販なんかも含めたら、もっと行きますし、
お金には変えられないそれ以上の大きなエネルギーが生まれる筈です。


これが達成できたら、
日本各地にビルを作っていきたいですね。


まずは大阪に、数百人は入れるビルを作るので(数ヶ月以内完成)、
いずれは東京にも、そしてあちこちに作って、
そこで色んな人達を集めていきたいなと思っています。


大阪のビルは、昨日皆で色々構想を考えてたんですが、
いつでもセミナーができる部屋があったり、
YouTubeの撮影に使える場所が(シーンごとに雰囲気を変えて)沢山あったり、
リラクゼーションスペースがあったり・・・

・・・という感じで、
数百人くらいは入れるビルにできたらなぁと、
話していました。


そこに、各業界で活躍する、経営者、ブロガー、YouTuber、
著者、コピーライター、マーケッターと、いっぱい集めて、
あらゆる業界において、有名人をどんどん作っていきます。


ちなみに、YouTubeって、
「2020年はどんどん芸能人が参入して来るだろう」
ってことを、去年の前半くらいによく言っていて、
実際、そうなりつつあります。


芸能人だけじゃなくて、
喋りが上手な人たちや、
金かけて面白い企画を作る企業だったり、
そういうのもいっぱい参入して来るはずです。


だから、単に「喋るのが上手」なだけでは、
もうじき通用しなくなります。


それだけじゃなく、
「セールスの文法」
を知っておく必要があります。


「セールス」って言っても、別に何かを売れる必要はなく、
喋りながら、自然と、特定の価値観に誘導していく、
という構成を頭の中で作っていく、ということです。

つまり、何らかのアクションを起こさせるためのトーク、ということです。

この力を「感化力(かんかりょく)」と言います。


「面白い話し方」
と、
「売れる話し方」
は微妙に違います。


これは、「ライティング」でも全く同じです。
というか、ライティングは、この力が顕著に出ます。

特に、ストーリーを構成して書く、
「ストーリーライティング」
が重要なのですが、

これを鍛えたら、喋るのが上手じゃなかったとしても、
「感化力」が自然とついてきます。

これを鍛えてる人は、これからの時代、
“圧倒的に有利”
と言えるでしょう。


ちなみに、僕は文章だけで勝負したいんで、
動画(YouTube)は基本使いません。

なので、ちょっと時代遅れなことをしていますが、
僕はあくまで文章一本でひたすらやりつつ、
でも最先端のノウハウは常に研究しています。

今だったらYouTubeは結構アツいので、
僕の周辺の人たちにはどんどんYouTube撮らせて、
僕は、その構成とか考えたりしています。

ゼロからのスタートであれば、
数ヶ月〜半年でチャンネル登録数千人くらいにはなるので、
そこから色々ノウハウを使って、一気に数万人までいく、
というのが王道の流れです。


さっき話した「コレクティブ・マーケット」においては、
「自分が稼ぐ必要は全くない」
のです。

皆で資産を共有していけば良いので、
自分が稼がずとも、色んな人を稼がせておけば、
自分のところにも”なぜか”お金が舞い込んできます。


多くの人は、
「いつかお金がなくなったら不安だ・・・!!」
と思って、必死に貯めようとしたり、
不動産を買ったり、海外の通貨や仮想通貨を買ったりして、
なんとかしてリスク分散しようとします。


でも、個人の運気って、「波」みたいなもので、
上がり調子の時もあれば、下がり調子の時もあります。

つまり「バイオリズム」が存在するわけで、
流れが悪い時期というものも存在します。


そういう時に、無駄に抵抗しようとしたら、
資産を一気に持っていかれてしまったり、
あるいは、そうじゃなかったら、
違うところ(家庭の崩壊、仲間とのトラブル、病気、etc..)
に影響が出ます。


つまり、稼げる時にはいっぱい稼いで、調子良くやっといたら良いんだけど、
適度に損もしといた方が良いのです。

春に芽吹く時期があれば、冬の枯れる時期があるように、
失うものが定期的にあるから、自然なバイオリズムが生まれるわけです。

何も悪いことが起こっていない、
全てずっと順風満帆、ってのは、
逆に怖いです。


全てがうまくいって、気づいたら頂点を極めていた、
何もかも手に入って、何1つ不満のない、最高の人生だ!!

そうなって来ると、黄色信号。

大勢の人たちの前で、
大量のスポットライトを集めて、
皆が「きゃー!!」と言ってくれている。

あぁ〜〜っ、きっもち良い〜〜!!!

最っ高だ〜〜〜!!!

ずっとこんな最高な状態が続けば良いのに・・・!!!!


そう思っている状態は、
いわゆる「バブル」です。


この後、弾けて、一気に転落します。


そういう兆しが見えたら、
転落する前に、自分から「譲る(手放す)」のが吉です。

これは日本の神話(例えば大国主神話)にも描かれてますね。


いったん手放したら、また巡り巡って、入ってきます。

僕も定期的に、わざと貯金とか全部ゼロにすることがあります。


今まで作ってた仕組みを全部消したりとか、
貯金全部寄付してリセットしたりとか、
「ちょっと会社やばいかも・・・」
って思うくらいまでわざと追い込んでみるのです。


でも、それによって、まわりの運気を高めておけば、
時間差で、大ジャンプできる流れが来るのです。


トランポリンと同じで、
わざといったん大きく沈んで、
そこから一気に大ジャンプする、
ということです。


だから、僕がオススメするのは、

「少年ジャンプ方式」

です。

少年ジャンプ(をはじめとする週刊漫画雑誌)には、
色んな漫画が毎週掲載されています。

そして、全ての漫画が毎回面白いとは限りません。

ONE PIECEとかでさえ、
常に盛り上がってるワケではありません。

インペルダウン編とか戦争編とか最高に面白かったですが、
適度にダレる時もあるのです。


でも、ジャンプの場合、
そういう時に、違う漫画が盛り上がってるので、
ONE PIECEを読むモチベが下がっても、
違う漫画のモチベが上がるので、
少年ジャンプ自体は買われ続けます。

その時その時で、引っ張ってくれる漫画があるのです。
(今で言ったら、「鬼滅の刃」とかなんですかね。)

結果、ONE PIECEも読まれ続けて、
また面白い展開になった時に、売れ始めるのです。


つまり、ONE PIECEを始めとする、
「週刊誌」に掲載されている漫画は、
コレクティブ・マーケットを形成することで、
流れが悪い時に、他力を借りることができているから、
長期にわたって続けることができているのです。


これと同じで、自分の運気が悪い時(流れが悪い時)は定期的に来るので、
そのタイミングは、「まわりの人を徹底的に応援する時期」と見ます。

自分は損して、まわりの人を活躍させ、
自分は裏方にまわるのです。


ちなみに、僕が(個人として)本格的に運が良くなるのは数年後からなので、
今は「徹底的に損をしまくる」方が良い(というか自然である)のです。


これだけ頑張ってるのに、自分だけが全然報われない・・・

でも、全体は良くなってる。

まわりの人がどんどん勢いがついている!!


これって最高の状態!

蓄積されたマグマが、
溜まって溜まって、
一気に大爆発するからです。


こういうのは、
「占い」とか別に学ばなくても、
昔から肌感覚で分かっていました。

だから、別に「占いでどうのこうの・・」みたいな話ではなく、
占いとか信じてない!って人も、別にいいんで、
「流れが良い時」「悪い時」が肌感覚で分かって、
その時の過ごし方をきちんと覚えておいた方が良いでしょう。


「今、攻め時だな!」

「今は、耐える時(引く時)だな。」


・・・とか、こういうのは戦略軍師には必要な素養ですし、
プロモーションなんかにも絶対必要な感覚です。


そして、僕でいうと、今は、

「自分は裏方にまわりながら、徹底的にまわりを応援する時期」

と認識しています。


世の中全体としては、
これから(良くも悪くも)金運が大きく動くはずなので、
2020年は最後のボーナスステージです。


なので、

これから活躍していきたい!!

って方は、この流れに乗っかって、
有名になっちゃってください。

応援します!


それでは、今日はこの辺で。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2020 07.08

    鬼の力を使う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。