来たるXデーに向けて

この記事は4分で読めます

スクリーンショット 2018-09-15 10.28.08
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 来たるXデーに向けて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんばんは、新田です。

NEXTDIMENSION ZEROの募集が
本日終了します。

・・・とは言っても、
「あと数時間で完全に終了してしまいます!!
これを逃すともうチャンスはありません!!
今すぐ申し込んで下さい!!」
みたいな煽りをするつもりはないので、
まぁ、興味があればどうぞ、ということで・・・


さて、それはそうと、
今日はこれからの展望をお話できたらなと思います。

僕は、2017年、2018年でずっとやって来たのは、
「業界の底上げ」
です。


この1年間、
僕は、今まで一部でしか公開して来なかった
コピーライティングやストーリー作りのノウハウを
ほぼ全部、喋ってきました。

全部っていうとさすがに嘘になりますが、
何年も温めてきたものを
一気に公開しています。
中には、本当に業界の誰も教えてくれないような話とかも
たくさんあった筈です。

実際それで、業界全体のライティングスキルは
かなり上がったんじゃないかなと思ってます。
(少なくとも、僕のところに来る返信メールの質が格段に上がりました。)


この業界、ライティングスキルが無いとスタートラインに立てないので、
それは良かったなと。


「業界の底上げ」って、なんとなく全体的にハードルが上がりそうな気がしますが
そんなことはありません。

業界全体の人口が増えるので、
むしろ、ビジネスはやりやすくなります。


僕は、ネットビジネスの世界の人たちが
「これからの世界」を引っ張っていくと思っています。

ライティングやマーケティングを
ここまで使いこなせる人たちって
世の中見渡してもなかなかいません。


これって何ができるのか?っていうと、
「この人を有名にしたい!」
「この会社を応援したい!」
という人たちを、応援できる、ということです。


これまで、これは一部の人間しかできませんでした。

というか、多少マーケティングの知識があれば、
売っているものが大したことなくても
売れてしまったのです。


例えば、「デザイン」という業界においては、
超優秀なデザイナーよりも、
多少デザインができて、あとはマーティングスキルが高い人の方が
はるかに大成功したのです。
逆に、優秀なデザイナーほど、
安くでコキ使われていたのです。

あるいは、「飲食」の業界においても、
自然食で本当に皆の健康を考えたごはんを提供するお店はすぐ潰れ、
安くで体に悪いものばかり使っているけどマーケティングに優れているお店が
大繁盛するのです。

お金があれば、広告を使い、どんどん有名になり、
邪魔するものには圧力をかけて潰し、
何も知らない芸能人が、喜んで広告塔になってくれるのです。


そんな風に、ライティングやマーケティングができれば、
良いものか悪いものか関係なく、
広めることができるのです。


これは言わば、世の中で人気なものを操作できてしまうということです。

そして、残念なことに、そうしたスキルを持っているのは、
お金に目が眩んだ人たちばかりだった、というのが
これまでの現状でした。


だから、こうしたスキルはもっと当たり前にしていって、
良い思いを持っていて、
同じく良い思いを持っている人を応援できるように
なってもらいたいのです。


NEXTDIMENSIONで目指しているのは、
エネルギーを究極的に高めて、
自分の確固たるブレない軸を作る、ということです。


そうすれば、自然と、
近づいてくる人は、
同じく良い思いを持った人たちになってきます。


この人は付き合うべき人なのか?は、その人の周りの人が、

・志でつながっている人

なのか

・メリット、デメリットだけでつながっている人

なのかを見たら良いです。


そして、自分がどっちのスタンスなのかによって、
どっちの属性の人が集まってくるかが決まります。


むしろ、素晴らしい志を持っている人は、
それだけで、優秀なマーケッターに応援されるのです。
(もちろん、自分自身も、最低限のマーケティングや
ライティングのスキルはあった方が良いですが。)


昔は、あんまりそういうマーケッター自体がいなかったんですが
これからはどんどん増えていくので、大丈夫です。

個人が莫大な影響力を持つことができる時代だからこそ、
あらゆる業界を一気に変えていくことができるはずです。


そして、NEXTDIMENSIONでは、
「教育産業化とはなんぞや」
というものを徹底的にお伝えしていきます。


ネットビジネスの本質は「教育産業」です。

僕はずっと、教育を変えたいと思って、
活動してきました。

教育を変えるっていっても、
今の教育産業自体を変えることはほぼ不可能です。

それは、色んな人たち(政治家や、教育を作っている人たち)の話を聞いて
嫌というほど知りました。


今の教育を簡単にいうと、
日本人が自分たちの軸を失わせて、
精神性を下げて、
アメリカを始め他国に申し訳ない気持ちでいっぱいになり、
ペコペコへり下るようなマインドを持ち、
明確な答えがあるという幻想を抱かせ、それ以外は誤りだと言われ、
言われた通りのことをやる従順なロボットのような、
明らかにこれからの社会に必要ない人間を育てる仕組みです。


社会に出たことがないし起業もしたことない人しか教師にならないため、
常に「安定志向」を要求されて
通常の道から外れることは悪いことだという価値観を
植え付けられてしまうのです。
(別に教師を否定しているわけじゃなくて
今の仕組み自体を否定しているのです。)


だから、これからすべきことって、
教育産業をなんとかしようとするんじゃなくて、
新しい教育産業を作ってしまうしかないと思っているのです。

それも、一切誰にも口出しされず、
変な圧力も受けず、好き勝手発言できるような、
そんな環境を。

しかも、イチから作るのではなく、
すでにある業界をアップデートすることで
ルールを書き換えて作ってしまうのです。


ちょっと発言ミスしただけで叩かれて干されてしまい、
常に色んなお偉い人たちのご機嫌うかがいながら
清く正しく無難でいかにも真面目でつまらない人が
生き残れてしまうような、
つまらない教育にも政治にもマスコミにも、
もういい加減皆うんざりしているはずです。

だから、優れたマーケッター集団がエネルギーを貯めて、
時がきたら、一気に力を解放して、
全員であちこちの業界を変えていくような、
まさに「革命」を起こすXデーが来たらいいなと思っています。


誰も手出しできず、
気づいたら日本のあちこちに新たな教育産業ができ、
誰も語って来なかった正しい歴史や
本来持っていた日本人の精神性や
いかに今の世の中の仕組みが終わっているかを
堂々と語る人があちこちに大勢出てきて
もはや、規制をかけたり、圧力をかけたり、暗殺したり、
そんなことする隙さえ与えないくらい、
一瞬で世の中の仕組みを変えてしまったら良いのです。

1万人の人が、1000人に影響を与えることができたら
それで日本の10%を占めれるので、
それだけで十分世の中変わるはずです。
(実際被ったりすること考えたらもっと必要ですけど、
今はバイラルの時代なので、それくらいのイメージでいれば、
勝手に変わっていくはずです。)


別にそんな大それたことを考える必要はなくて、
ただ、自分のコミュニティを作って、
「教育」をしていって、
そういう人が一定数現れたら
途端にそれが当たり前になっていくはずです。


そんな世界が来たら、絶対面白いと思うんですよね。


優れたマーケッターであり、優れた教育者であり、
優れたエンターテイナーであり、
優れたアーティストであるような、
これからの時代に必要な人たちを作って、
一緒にそんな面白い活動をやっていこう!というのが
NEXTDIMENSION ZEROです。


というわけで、実践コースは今日で締め切りになりますので、

「なんかよく分かんないけど、
それ面白そうだから、自分もその船乗った!」

って思ってもらえたら
ぜひ遊びに来て下さい!!
(詳細はメルマガにて)


それでは、ありがとうございました!!




PS.
プロフィールを作り直しています。
StoryWritingの講座の復習として使ってもらえるように作ったので
良かったらどうぞ。

新田祐士とは?

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-06-13 16.58.33
  2. 41766679_1671161493010475_4458101758903713792_o
  3. スクリーンショット 2017-06-13 17.02.12
  4. スクリーンショット 2018-09-15 10.24.44
  5. スクリーンショット 2017-06-13 16.45.49
  6. スクリーンショット 2017-06-13 17.00.25

管理人:新田祐士



プロフィールはこちら

初めての方は、まずはこちらを読んでみて下さい
NEXTGENERATIONバックナンバー

新田祐士公式Facebook こちら
友達申請してもらって構わないんですが、
上限に達していて、承認が遅くなる場合があります。 ご了承ください。