溝江達英の超越文法、いよいよスタート!習慣をデザインする力

この記事は6分で読めます

securedownload
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 溝江達英の超越文法、いよいよスタート!習慣をデザインする力
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんばんは、新田です。

僕のメルマガの読者さんは色んな層がいて、昨日ポケモンGOのメールを書いてから、
色んな方から報告が来ました。

「店舗集客に利用していていきます!」
「実店舗コンサルやってるのでポケモンも導入してみます!」
と意気込んでる方、
「今のうちに攻略サイトを作ってます!」
というサイトアフィリエイターさん、
「配信開始したらすぐに集客できるよう情報収集&キーワード選定してます!」
というトレンドアフィリエイターさん、
アメリカに行ってプレイした動画をアップしているyoutuberさんなど、
色んな方がいて面白いですね(笑)

ぜひ、色々実践して、報告下さい。
色んな人に報告し続ける事ができる人って、本当人生うまくいきますので。

「ポケモンにはあんまり興味無いです。」
って方は、それはそれでいいと思います。

変に迎合してブランド価値を落とすより、
独自の世界観を大事にする事を優先した方がいい人も沢山います。
(間違っても、高級料理店でポケモン集客とかしない方がいいですよ。笑)

何にせよ、
「2016年の7月からどんどん現実が動き始める!」
と去年からずっと言って来ましたが、その1つの兆候だと思います。

ポケモンはともかくとして、今は勢いがつきやすい時期ですので、
ビジネスを始めるにはうってつけです。

準備を十分やったという方は、
すぐにビジネスをスタートさせていって下さい!!

後まわしにすると勿体無いです。

さて、昨日までポケモンGOの話に関連して、
「普段、暇な時に何を考えるか?何をするか?が重要」
という話をしました。

よく、
「自分は時間が無いのでビジネスができません!!」
と言う方がいますが、それは100%嘘です。

どんなブラック企業であろうと、そこに行くまでの通勤時間、
お風呂に入っている時間、寝る前の30分、と、
いくらでも捻出できる時間はあるのです。
(食事中に考えるのは微妙です、食事中は食事に集中した方が良いです。)

「いや!もう会社でエネルギー使い過ぎて、エネルギーが足らないんです!!」

と思われるかもしれませんが、
それはエネルギーの燃費が悪いだけです。

行くまでに、
「はぁ、今日も仕事大変だなぁ、つらいなぁ」
と考える事にエネルギーを無駄に消費してたり、
どうでも良い事にエネルギーを消費し過ぎてるせいで、足らなくなるのです。

会社でも、エネルギーをもっと低燃費で抑える方法は必ずある筈です。
無駄な事にエネルギーを消費する時間を少しでも改善する、
という事を実践するだけでも、だいぶ変わりますし、
それ自体がコンテンツになります。

これは、僕自身が経験してる事で、僕が人生で一番過酷だった時期は、
たぶん大学時代にバイト入れまくってた時だと思います(その次が先月です)。
ファミレスとか塾とか家庭教師とか派遣とか、色んなバイト入れて、
それだけでその辺のサラリーマンよりもはるかに高収入を得てましたが、
代わりに1日3時間睡眠で、夜中までバイトして、でもちゃんと大学には行ってたし単位も取ってましたし、
なんだかんだでその頃の方が一番勉強してた気がします。

例えば電車乗ってる時間に少しでもレポート書いたり、
眠いなぁと思いながら、徹夜したり。

エネルギーが無くなっても、
「それでもまだやる事があるから!!」
って思ってやってると、短い時間でなるべく高速処理をしないといけないと、
脳が覚醒してくれるんですね。

言わば、いつの間にか予備電源エネルギーみたいなものが作られた感じです。

じゃあ、バイト全部やめたら、時間が何倍にも増えたので、
その分、色んな事できるようになったのか?!っていうと、逆なんですよね。

忙しかった時の方が、勉強してたし、色んな事できて、充実してました。

暇になればなるほど、無駄な事にエネルギー使い過ぎて、
肝心な事に使うエネルギーが無くなってしまう。

だから、バイトやめてから、急に勉強しなくなってしまいました。

もちろん、その頃は卒業単位の1.5倍くらい余分に単位を取ってたので、
しなくても良い状態になった、というのもありますが、
その後、勉強自体が楽しいと思えるようになってからは、またするようになりました。

要は、人って暇になればなるほど、エネルギーを無駄使いして、
過酷な環境に身を置いた方が、エネルギー効率はどんどん上がっていくのです。

「少しキャパオーバー気味」くらいがちょうど良いと思ってます。

脳は、なるべく楽したいと常に思っているので(ホメオスタシスです)、
多少負荷をかけないと、変わってくれません。

脳は「新しい習慣」とか作るのは大嫌いなのです。

自分がビジネスを始めようとしても、そもそも脳は「始めてほしくない」のです。
そんな事されたら、今まで以上にエネルギーを使わないといけなくなるので、
なんとしてでも阻止しようとします。

その為にどうするか?というと、ビジネスアイデアを閃かさないようにしたり、
あるいはビジネスができない言い訳という天才的なアイデアを閃くために、
一生懸命エネルギーを割いたりします。
その結果、身体をわざと疲れさせて、もう無理だと催眠をかけます。

だから、ある程度負荷をかけて、
「変わらざるを得ない状況」
に追い込む事が重要です。

極端な話をすると、例えば、
「毎日、メルマガを1通書く!
もし書けなかったら、自分は死ぬ。」
と決めたら、意地でも書きますよね。

アイデアが出なくても、死にたくないので、捻り出します。

次第に脳は、アイデアが出ないように頑張っても結局捻り出すなら、
諦めてさっさとアイデアを出させて、メルマガを書かせて、他の事に時間を使わせよう、
と考え始めるのです。

ここに至るまでの期間がだいたい3週間くらいかかります。

だから、僕は昔、アイデアが出ないって言ってる人に、
「とにかく毎日メルマガに返信して下さい」
って言って、ネタが無くともとりあえず返信させる習慣を付けさせました。

すると、1ヶ月もしたら、
皆だんだん書くスピードが上がって、
その後いざ自分のメルマガ書き始めた時に、
どんどんアイデアが出て来るようになったのです。

当時、ちゃんと毎日返信してた人は、皆稼げるようになってました。

そして、一度習慣化してしまいさえすれば、もう大丈夫。
人は、習慣化しさえすれば、エネルギーの燃費が格段に良くなります。

人生を変える、ビジネスで成功する、何かを習得する、
全てに共通して重要なのは、
「習慣をデザインする力」

です。

習慣は、一気に増やすのは大変です。
習慣化する事自体にエネルギーが必要だからです。

なので、「習慣化」に対してはエッセンシャル思考は必要です。
1つの期間に、1つ習慣化、くらいでいいと思います。

習慣化したら、もうそれに対してエネルギーはあまり使わなくて済むので、
そしたら他の事にエネルギーを注いでいけます。

多くの人は、習慣を作るのが苦手なんです。

起業したい!と思っても、まぁ3日で稼ぐ仕組みが作れたらいいんですが、
そううまくはいきません。
1週間もしたらモチベーションが下がってやめてしまいます。

毎日筋トレするぞ!って思ってジムに申し込んでも、
気付いたら飽きたらやめてしまっているのです。
(因みに、僕のお客さんでジムを経営してる人が言ってましたが、
利益の大半は、全く来ない人からなのだそうです。)

英語を勉強するぞ!と参考書を買っても、
たいてい、第1章で疲れて読むのをやめてしまいます。
英会話に申し込んでも、数日で飽きてしまいます。

それほど、「習慣化」って難しいのです。

これができたら誰も苦労しません。

ネットビジネスの良いところは、
「習慣化の手助け」
をするのに最適なツールだという事です。

今週スタートした英語講座、
「溝江達英の超越文法」で言えば、

英語を勉強するのにエネルギーを割きたくないけど、
僕のメルマガだったら毎日読みたい!

と思ってくれる人になら、英語力を高める手伝いができるのです。
(もちろん、溝江達英先生の授業も非常に素晴らしいものです!)

むしろ、そう思ってもらえる為に、
日々メルマガのネタを考えているようなものです。

自分のメルマガを楽しみにしてもらえるようになる事が、
イコール、その人の習慣化の手助けとなって、
それがその人の成長に繋がるなら、最高です。

情報発信は、ただの「知識の提供」じゃあ、つまらないし、飽きられます。
だから、基本(ベース)にあるのは「世界観を消費してもらう」という事であるべきです。

自分の世界観があって、それを消費してもらうような発信をして、
それが習慣になれば、その習慣に他の習慣を被せる(上乗せする)事ができる、という事です。

これが習慣化で大事なポイントです。

「既にある習慣に上乗せする」
という事ですね。

僕のメルマガを毎日読む習慣がある人であれば、
そのノリで、英語メルマガを読んでもらう事で、
毎日英語に触れる習慣ができた事になり、
いつの間にか日常でも英語についてふと考える習慣ができているのです。
(そしたら、メルマガが無くなっても、英語の勉強をする習慣だけは残っています。)

前回使った言葉を用いれば、「時間のシェア」なわけです。

それはまさに、街で普通に道を歩いていて、
スマホを通したら道にポケモンが出て来るのと同じです。

「現実世界」と「ポケモン世界」をシェアしたわけです。

それと同じで、
「メルマガを読む時間」と「英語を勉強する時間」を
同時に存在させる事ができるのです。

僕の読者の中にも語学系の発信をされている方は沢山いますが、
もし英語でビジネスを始めたい!と思うなら、
英語に興味を持ってもらうのではなく、
先に自分の世界観の方に興味を持ってもらうべきです。

それをベースにしていたら、面白い現象が起こります。

今回の英語講座も、もう300名近く参加されてますが、その中には、
・海外に10年以上住んでる方
・英語の予備校講師をされてる方
・10年以上高校で英語を教えてる方
・同時通訳の仕事をしてる方
とか、明らかに英語はもう十分大丈夫ですよね、な人たちもいるんですよね。

もちろん、その人たちに「英語そのものを教える」なんてできないですけど、
ただ、例えば数学的な視点で英語について解説したりとか、
ビジネス目線で語学を捉えるとどうなるか?とか、
そういった事は話せるし、そういった話には興味を持ってもらえるのです。
(まぁそもそも今回は講師が凄いので、どれだけ英語できる人が来ても満足できる講座になってますけど。)

その分野で自分より上の人が来るか?って結構大事だと思ってます。

ビジネスの講座だって、僕よりも稼いでる人はいくらでも来ます。
年に何十億と稼いでる人とか、そういう人たちもいるわけで、
じゃあ何でそういう人たちが来てくれるか?っていうと、
「世界観」をベースにしてるからです。

「コミュニティリーダーは皆より能力が高くあるべき」とは思ってません。
そんな事言ってたら、いつまでも成長しないですからね(笑)

自分より能力の高い人をいかにして集めるか?が重要です。

その辺も、ポケモンと一緒です。
ポケモンで一番弱いのは主人公(サトシ)ですからね。
主人公は、強さで勝負してません。

どんな凄い人が来たって、
その人たちに僕らが教えられる事って、絶対にあるのです。

投資をやっているなら、ウォーレンバフェットに教えられるように、
ビジネスをやっているなら、スティーブジョブズに教えられるように。

それくらいの気持ちが重要です。

それ自体を教える事はできなくとも、
自分の世界観を通して見たものは、伝えられる筈です。

少なくとも、ビジネスの業界で言えば、
どんなに有名なコンサルタントとか、有名な経営者と会っても、
僕らがやってるビジネスの話をしたら、
「めちゃめちゃ勉強になる!!」って言ってもらえるので、
多分、ネットビジネスはかなり普通の人から見たら異空間なんでしょうね。

世界中のあらゆるお店が、ネットを使って集客できるわけで、
融合できない業界は無いし、本当に最高の業界だと思います。

だから、色んな属性の人を集めて、その中には自分よりも明らかに能力が高い人も混ぜて、
うまく調和させていけば、「場」の位置エネルギーがグンと上がるのです。

すると、引きずられて、自分の位置エネルギーも勝手に上がっていきます。

コミュニティの中心にいるのは自分ではなく、世界観です。
リーダーはそれを守るのが役割です。

世界観を作り、シェアして、
それをベースに、色んなものをシェアしていく。

そういうビジネスを、広めていきたいんですね。

たぶん、これから3年で、業界は一気に変わっていくので、
皆で一緒に盛り上げていきましょう!!

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. pokemon
  2. スクリーンショット 2016-07-20 15.32.18
  3. securedownload