コロナによる第三次世界大戦

この記事は6分で読めます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

こんばんは、新田です。


本日で「ネクディメインフィニティ」が募集締め切りなので、

最後に、小田さんから、メッセージを頂いているので、
そちらを紹介します。
特に、コロナについて語って下さっています。


今回のコロナの問題は、どれくらい続くのか?

そして、社会構造がこれからどう変わって、
そのために僕らは、何が必要なのか?

そういったことを話して下さっています。


ちなみに、僕の意見を少しだけ・・・。

最近、ますます、
「コロナを絶対許せない!!」
「コロナを根絶しよう!!」
という風潮が高まっています。

ただ、それでも僕は「コロナと共生する」ことを主張します。

誤解されるといけないので言っておきますが、僕は、
「コロナの対策をしなくていい」
「別に自粛しなくていい」
と言っているわけではありません。

感染が広がらないための対策は、しっかりとすべきです。
(自分が大丈夫でも、高齢者の人にとっては危険性があるので、
若い人がウィルスを運んで、高齢者の人を攻撃する可能性があるからです。)

そうではなくて、
「無駄に恐怖する」
ことが問題なのです。

怯えて、家に閉じこもって何もしないのではなく、
「かかっても大丈夫なくらい、今のうちにエネルギーを高めよう。」
ということを言ってます。


少なくとも、病院に集まったり、
スーパーで買い占めに走ったりする人が
今、一番感染しているそうなので、
そういうのこそ、自粛してほしいですね。


多くの人が言っている、
「コロナと戦う」
ということを考えている限り、
この問題は、ずっと終わらない気が、僕はしています。

「これは戦争だ!」
と言っている首相もいます。


確かに、今起こっているのは、戦争です。

でも、それは、コロナとの戦争ではありません。

今、繰り広げられているのは、
「コロナ」というきっかけを使って、
裏で「情報戦」が行われているのです。


つまり、
「どの国に責任があるか?」
という問題ですね。

主に、アメリカ vs 中国です。

今の世の中、戦争はミサイルでやるのではなく、
情報戦、経済戦によって行われます。

今、世界は、一致団結してコロナと戦っているフリをして、
実は「第三次世界大戦」を、現在進行形で行なっているのです。
(実弾のミサイルを撃つのではなく、情報ミサイルを使って。)

これだけ連日、色んなメディアで悲しい報道がなされていて、
あらゆる国の国民のフラストレーションは、どんどん溜まっています。

その矛先が、もし1つの国に集中したら、どうなるでしょう・・・?

っていう話です。


そして、その矛先というのが、
「今回のコロナが、どの国に原因があるのか?」
によって、決まるのです。


今、もっとも狙われているのが「中国」です。

ちょうど昨日、小名木先生と話していたのですが、
今の中国は、大東亜戦争(太平洋戦争)の時の日本と
同じ状態になっている、という話をして下さいました。
(つまり、全員で、情報戦を仕掛けているのです。)

これは、詳細は、また次のネクトラや、ネクディメで話します。


コロナがたとえ収束しても、
今回を機に、中国共産党は崩壊し、
中国という国が無くなる可能性があります。
(そうなると、もっと細かい国が沢山増えたり、
インドやロシアが大きくなったりして、世界地図が変わります。)

コロナの裏で、そういうことが、着々と行われているのです。


また、同時に、このコロナを機に、
いち早く抜け出し、一気に世界のトップに躍り出ようと
色んな国が狙っています。
(そういう意味では、日本にも、そのチャンスはあります。)


コロナは確かに危険なウィルスです。

でも、毎年、危険なウィルスはいっぱい流行っていて、
実際、もっと多くの犠牲者は出ているのです。
(日本でも、毎年何千人という犠牲者が出ていて、
コロナよりもはるかに多いのです。)

じゃあ、なぜ、今年だけ、
こんなにも騒がれているのか?というと、
第三次世界大戦が裏で行われているからです。


でも、これだけコロナの恐怖が人々に植え付けられた以上、
コロナの収束をもってしないと、この戦争は終わりません。

だから、今は本当に大事な時なのです。


でも、

「今こそ世界が一致団結する時だ!!」

「コロナとの戦争だ!!」

と言いつつ、同時に裏で、国同士が、
プロパガンダ合戦を行なっているのです。


今、世界中の人たちが、試されているように感じます。

それは、

「いかに共生できるか?」

です。


お互いの国が、争うんじゃなくて、共生し合う。

国同士もそうですが、
でも、同時に、
「コロナといかに共生できるか?」
も重要です。


そもそも、コロナは、
人類を攻撃したいとか、
人間を殺そうなんて、絶対に思っていません。


なぜなら、コロナにとって、人類は、

「自分が生存するための大事な寄生対象」

だからです。

人類を滅ぼしてしまったら、自分たちも滅んでしまいます。

今は、変な化学反応を起こして、害を与えてしまっているだけで、
コロナウィルスも、本来は「共生したい」と願っているはずなのです。


つまり、人間と、コロナウィルスは、
利害が一致しているのです。

共生することができれば、
コロナウィルスも人間という家で
迷惑がられることもなく、安心して暮らせて、

人間も、気にせず生活ができるのです。


もちろん、だからと言って、
「コロナは仲間だ!」
と受け入れたら、感染してヤられるのがオチです。

今はそう。

だから、今は、増えてもらっては困ります。

なるべく拡散しないように全員で協力していく必要があります。


でも、その上で、同時に、
「共生できる状態」
を作っていくことも必要です。


今後、自粛要請は、定期的に出ると思います。
それによって、少し収束します。

でも完全に収束はしないので、しばらくしてまた感染が拡大します。

そして自粛して・・・を繰り返していくことになると思います。

そうやって、徐々に集団免疫を獲得していこう、
というのが今の方針なんだと思います。


でも、僕は、それも確かに大事だとは思いますが、同時に、

「日本人全員が、これを機に、エネルギーを高めていこう!」

とお互い声を掛け合っていくことこそが、
真に大事なことだと思っています。


結局、コロナの集団免疫を獲得しても、
また新たなウィルスが誕生したり、
コロナが変異したら、イタチごっこです。

これを機に、もっと根本的に、
全員の意識が変わっていくことが必要です。


僕は、数年前まで、花粉が憎くてたまりませんでした。
沖縄に2ヶ月逃げていたこともあるし、
全てのヒノキとスギの木はこの世から消えろと思っていました。

でも、今は、
「共生」することができていて、
憎くなくなりました。

コロナと花粉を一緒にするな!って思われるかもしれませんが、
僕は、コロナとも、共生できると思っています。


志村けんさんが亡くなったのは、悲しいことですし、
多くの方が辛い思いをされているのだと思いますが、
だからと言って、
「コロナを許せない!」
「コロナを根絶しろ!」
と戦争をしようとしたら、
コロナだって、攻撃してきます。

コロナにネガティブな感情を向ければ向けるほど、
ネガティブなエネルギーが返ってくるような気がしてます。


だから、メディアは、
自粛しさない!って言うのは良いんですが、それと同時に、

「日本人1人1人が、いつコロナにかかってもいいように、
日々エネルギーを高めていく努力をしましょう。」

って言うべきなんですよね。


あと、ウォーキングはやるべきだと僕は思っています。

人が密集しているところに行かなければいい話で、
普通に家の近所を散歩するくらいで、
コロナに感染したりはしません。
(そもそも、密閉空間じゃなければ、コロナは感染しません。)

とは言っても、
今は外出禁止要請が出てるとそれもしづらいですし、
ロックダウンとかになったらもうできないんですが、

じゃあせめて、家の中でできる運動を軽くしたり、
ちゃんと良いものを食べて、勉強して、
「今、自分にできることは何だろう??」
って必死に考えて、ってやるべきです。

少なくとも、スーパーでカップ麺とか買い占めて、
そんなもの食ってたら、エネルギーが下がって、
余計にコロナに感染しやすくなります。


体に悪い食料を備蓄して、家に引きこもって、
毎日家でネットサーフィンしながらコロナのニュースを見て不安になって・・・

こういうのは本当に最悪です。

それから、テレビの報道もあまり見ない方が良いです。

なぜか、どのテレビも、
「累積感染者数」
ばかり取り上げます。

この数字は、増えていくのは当たり前なので、
見れば見るほど「今日もまた増えた・・・!!」と
見えない恐怖が襲ってきます。
(そうなるように報道しています。)

恐怖によって対策をするのと、
別に恐怖とかないけどきちんと対策するのとでは
全く違ってきます。


僕も、今は、手洗い、うがいなど、
色んなことをかなり気を使っていますし、
帰ったらすぐに靴下を洗ったりとか、
お風呂に長めに入ったりとか、
免疫を上げるものを色々飲んだりとか、
結構やっています。

それだけ対策してますが、でも同時に、
「最悪、コロナにかかっても大丈夫。」
と思っています。

これは、楽観主義で言っているのではなく、
コロナに感染するかどうかを不安に思う暇があったら、
少しでも勉強したり、少しでもビジネスに取り組んだり
したいからです。


自粛=何もしない

ではありません。


でも、大衆というのは、
「何もしたくない」
んです。

今の自粛ムードって、
何もしたくない人にとっては、
正当化するための格好の餌なのです。


「皆で一緒にゴールしよう!」

ではなく、

「皆で一緒に、スタートを切らないでおこう!」

ブームなのです。

そして、誰かが勝手にスタートを切ろうとしたら、
「自粛してない!!」
と全員で叩く。

それが集合的無意識の力です。

この構造、このカラクリに、誰も気づいていないし、
全員で目を背けているのです。


むしろ、今は、エネルギーを貯めるチャンスです。

スタートを切っていないフリして、
最高のロケットスタートを切るための準備を
水面下で着々と進めましょう。


むしろ、今は、エネルギーを貯めるチャンスです。

現状を正しく認識して、いちいち情報に惑わされず、
その上で、適切に行動していく必要がありますし、
しかし同時に、これをチャンスだと捉えて、
ちゃんと「ビジネス活動」もして欲しいのです。


大きいイベントを開いたりとかは、当分やりづらくなるでしょうが、
その分、オンラインはこれからますます活発になっていくし、
そうしていかなければ、経済が回りません。


なので、前回話した通り、
「ネットビジネスやりましょう!」
なのです。


今期のネクディメでは、
情報発信や物販を教えるセミナーを毎週開催したり、
その他、スキルを学ぶための講座も開いていきます。

とにかく、あらゆる手段を用いて、
「少しでもいいから稼ぐ」
という感覚を、身につけて欲しいです。


物販であれば、きちんと実践すれば、
月に10万円とかだったら、難しくありません。
(かなり本気で取り組めば、月50〜100万円とか、
あるいはもっといけます。)

また、情報発信に関しては、
今回は、僕が過去にやっていた講座やセミナー、
セールスレター、限定メルマガを特典で大量に渡して、
「自由に真似して良い権利」
を付けます。
(表では出していないセミナーとかレターもいっぱいあります。)

なので、それを使って下さい。

通常、こういう真似をしたり、パクったりしたら、
冷ややかな目で見られるものですが、
「公認です!」と堂々と宣言しちゃったら
良いんじゃないかと思います。
(でも、それで終わりじゃなくて、
そこからきちんと自分のオリジナリティを作っていきましょう。
それは、皆で考えていけたらと思います。)


多分、半年講座と言いつつ、かなり長くなると思います(苦笑

正直、リアルセミナーがいつできるか、見通しが立ってないので、
当面、オンラインをメインにして、やっていくこともあり得ます。

その場合は、1年以上続くかもしれません。


それくらい、長期的にやっていきますので、
強い結束を作っていきましょう。


そして、いよいよ本日で、
ネクディメインフィニティは募集終了です。

明日の晩に、いきなり一発目のセミナーがあるので、
皆で盛り上げましょう!!



まさか、新時代のはじまりが、こんな大変な時代になるなんて、
去年は誰も予想していなかったでしょう。

でも、こうなってしまった以上、
ここから、皆で最高のストーリーを、
一緒に作っていきましょう。


それでは、参加される方は、
これから末長く、よろしくお願いします!

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。