猿の惑星ー新世紀ーを見てきました

この記事は2分で読めます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

こんばんは、新田です。

前回紹介した医療ブログですが、
非常に反響が大きく、メールや、
ブログへのコメントが沢山来ました。

というわけで、もう1つ記事を書いているので
良かったら見てみて下さい。

ちょうど昨日、「猿の惑星ー新世紀ー」を見てきたので
それについて書いています。

具体的には、
「エネルギーの循環の仕組み」
「エネルギーを上げるとはどういう事か?」
「組織がどのようにして滅んでいくのか?」
「コミュニティにおける”遺伝子”とは?」
などなど。

ビジネスという視点と、医学という視点の
両側面からお話しています。

ブログはこちら。
新田祐士公式医療ブログ


僕はずっとコミュニティとは生命体のようなものだと言ってきましたが、
その視点で捉えると、医学や生命科学、
進化生物学を学ぶ意味は大きいです。

例えば、
遺伝子ってこうなってるよな。
じゃあこれをコミュニティに置き換えると何が該当するだろう?

みたいな感じで、色んなものを繋げていく事で、
「ああ、こうすれば良いのか」
と分かります。

他にも、
病気って何だろう?
幸せって何だろう?
汗って?血って?

色んなものを置き換えていきます。

僕はこうした「繋げる」という思考は
大学で物理を勉強していたお陰で身に付きました。

物理の世界では、
相対論では「時間」と「空間」、更に「エネルギー」と「物質」が繋がり、
量子論では「粒子」と「波」が繋がり、
光量子論(量子電磁気学)では「力」と「場」が繋がります。

更に、量子場理論では、量子論と光量子論が繋がり、
「物質」と「力」が統合されます。

そして、相対論と量子場理論が繋がり、
空間と時間は「重力場」として、
力、場、物質、エネルギーと繋がり、
全てが統一されるのです。

これをきちんと式で追っていくには「群」とかの知識が必要で、
これについては去年音声で解説しましたよね。


こういう思考ができると、
医学を学んでいたらビジネスについての理解が深まったり、
心理学を学んでいたら経済について分かったり、
物理を勉強してたら神話について分かったり、
色んな飛躍が起きてきますよ。


それでは、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。