お金の物理法則〜1日で1万円稼ぐことはいかにして可能か〜

この記事は7分で読めます

スクリーンショット 2018-04-23 3.28.56
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お金の物理法則〜1日で1万円稼ぐことはいかにして可能か〜
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんばんは、新田です。

僕は昔よく、
「世の中の99%の人は、1万円を自分1人で稼ぐことができない」
って話をしていました。


「いやいや!そんな1万円なんてすぐ稼げますよ!
私のバイトは日給1万円ですから!!」

って言われるかもしれませんが、
そもそも「アルバイト」という時点で、
他人の作ったシステムを利用させてもらって稼いでいるので
“自分1人で”稼いだことにはなりません。


自分の時間(エネルギー)→<ブラックボックス>→1万円

という変換が行われているのですが、
どのようにしてエネルギーがお金に変換されているのか
多くの人は認識できません。

「なんかよく分かんないけど、お皿洗ってたら1万円もらえた」
ということです。

本来、お皿を洗ってそこから1万円発生することはありません。

でも、なぜか、それが可能となる仕組みができていて、
その仕組みを使わせてもらっているおかげで、
お皿を洗う以外の一切を考えずに1万円をもらえるわけです。

その際、お店の誰がどこで価値を生み出していて
それがどのようにお金に変換されているのか、
知る必要がないのです。


そうやって価値とかマネタイズ(=お金に変換すること)とか一切考えずに
ただ自分のエネルギーを特定の何かに集中させたら、
それがお金がもらえるような「仕組み」が世の中には数多く存在します。

その仕組みを使わせてもらっている分、
あまりレートの良くない(自分にとって不利な)トレードをしているのですが、
その代わり、お金を自分で生み出さなくても、お金がもらえるのです。


もし、お金の発生する仕組みを正しく理解していれば、どうなるか?

どこかの会社に属しているわけでもなく、
何も売るものがない状態で、
街中にポンっと放り出されて、
そこで1日以内に1万円を稼げるということです。


さぁ、これって大変です!


街に放り出されて
「今日中に、1万円を稼いでこい!」
って達成できる人は、どれくらいいるでしょうか?

なかなかその日のうちに雇ってもらうのは
アルバイトとしても結構大変なので、
自分で稼ぐしかありません。


もちろん、
「誰かに借りる」
のはNGです。

必ず「払ってもらう(返す必要がない)」という状態がミッションクリア条件。

そうなると結構多くの人は苦戦するのではないでしょうか。


まぁもし若い女の人だったら、
適当に男を見つけて、デートにでも行って、楽しくお喋りして、
1万円くらい払ってもらうことはできるかもしれません。

一応、それは「自分の魅力」をマネタイズしていることになります。

ただそれはちょっとチートなので、
そういうのは無しで考えましょう。

どうすれば良いのでしょうか・・・?


思ったより難しいはずです。

まぁ、ビジネス能力がある程度高い人なら、
多分その辺のお店を色々見て、
「ここなら、自分がアドバイスしたら売り上げ伸ばせそうだな」
ってのを探して、そのお店の店長と話をしに行って、
その場でクロージングをかける、っていう風にすると思います。
(チェーン店とかは難しいでしょうから、個人経営のお店を狙うでしょうね。)


この際、肩書きとか、実績とか、
そういうのを使えるなら全然カンタンです。

でも、もしそういうのも使っちゃダメ、ってなると、
その場のトークで「この人すごい!」って思わせるしかないので
それなりの実力が必要です。


これが、ネットになるとどうでしょう?

ネットで、1日で1万円稼ぐって、
意外と大変です。

もう有名な人は、
実績とかもあるし、過去のコンテンツとかいっぱいあるでしょうし、
そういうのを見せたら一瞬で信頼を獲得できてしまうので、
まぁそういうのを使ったらなんとかなるでしょう。

僕の場合だと、毎日ブログに大量にアクセスが来るし、
ツイッターとかFBで情報流したら一瞬で多くの人が買ってくれるし、
メルマガでセールスかけたら数千人単位の人がお金を払ってくれることすらあります。

でもこれらは全部、今まで作ってきた仕組みがあるからできること。


もし、何もない状態で、

「さぁ、ここからネットで誰か捕まえて、
1日以内に1万円を払ってもらわないといけない」

ってなると、結構苦戦すると思います。


自分の知名度を一切使えないとなったら、
誰かに話しかけて「喋ろう」って言っても、
「なんでお前と喋んないといけないんだ!」
って思われて終わりです。

多分、skypeとかに1人でも呼べたら、
その人と喋って1万円を払ってもらうことはできそうですが、
そもそもその1人呼ぶのも結構大変です。

Twitterとかで適当に見つけて喋る?
でも多分、
「何の実績もない人と何で喋らなきゃいけないの?」
ってなります。


だから結構、1日で1万円稼ぐって、難しいんですよね。

もし僕だったら、多分さっきと同じ要領で、
「この人、アドバイスしたら絶対売り上げ伸ばせるな」
っていう人をネット上で見つけて、オファーをかけると思います。

自分の実績とか知名度を使えないのであれば、
多分、メルマガとか何通か添削して、全部作り直して、

「こんな風にしたら売り上げ〜倍にできます。
これ良かったら使ってもらって構わないです。
そして、残りの部分も、こう変えたら絶対売り上げあがるなっていう
構想があるんですけど、もし興味があれば、直接お伝えしたいです。」

みたいな感じのことを書いて、メールを送ってみると思います。

それで喋るところまでこぎつけたら、
1万円ならすぐ払ってもらえるでしょう。


雇われずにお金を生む(マネタイズする)ってのは、
こういう感じで、自分で「価値を生み出す」ということをして、
「先に価値を提供する」ができなければいけません。

先に価値提供せずに、
お金を払ってもらえることは(基本的には)ないのです。

もしあるとしたら何らかの仕組みを借りた場合です。


他人の仕組みを使って、
どういう原理でお金が発生しているのかよく分からないまま
なんとなーくでお金を稼げてしまっている、という状況にいる限り、
いつまで経っても価値を生み出したり、本当の意味でお金を稼げるようにはなりません。


逆に、もし1日で1万円を”自分で”生み出せるようになれば、
年収1億は射程圏内だと思ったら良いです。


まずは、どうすれば1万円を稼げるか?
って必死に考えてみるといいかもしれません。


路上で空き缶置いて物乞いするしか思いつかない、
ってなると、いつまで経っても稼げるようになりません。

「自分は可哀想だからきっと誰か助けてもらえるはず!」
というマインドだと、誰も助けてくれません。

でも、実際、それに近いマインドの人も、世の中には多いのです。


ネットでお金を稼ぎたいってなった時に、
「誰か助けて欲しい!」ってマインドでいると、一生稼げません。

お金を稼ぎたかったら「誰かを助けたい!」じゃないとダメなのです。

何も提供せず、何かがもらえるってのは、そもそも自然の法則に反してることです。
もしそれが実現できているとしたら、それは不自然な現象なので、
必ず何らかの形で反動が生まれます。

もちろん、最初は不自然な形でお金を生み出したけど、
それを使って誰かに価値を提供し、そしてまたお金を稼ぎ、
という循環によって自然な形に変えることもできます。


でもいずれにしろ、本来あるべき形は、
「まず価値を提供して、それによってお金をもらう」
です。


「稼ぐためのノウハウ(情報)が欲しい!」
って思っているのであれば、
本来は、その情報がもらえるだけの価値を生み出す必要があります。

それをせずに、稼げるノウハウをもらうって、不自然です。
だから通常あまり起こらないです。


もちろん、僕はビジネスで成功して欲しいと思ってこうして発信しているので
そういう意味では情報を無料で受け取っていることになるわけですが、
やはりそれでも、成功する人ってのは、
稼げるようになる前から、自然と「価値を提供する」ってのができてる人です。

例えば、メルマガの返信とかでも、
「ちょっとでも何か貢献しよう!」
とか、そういう意思を持って返信くれてる人は
自然と稼げるようになってます。

あんまりそう言うとハードル上がって返信来なくなりそうなので、
気軽に返信とか欲しいですけど。笑


価値を受け取っているだけで一切出してないと
情報太りしていくので、
情報の新陳代謝はした方が良いです。

「もらえるの当たり前」っていうのは、おかしな考え方で、
そもそもビジネスのスタートラインにも立ってないことになります。


少しでも、誰かに何か提供できるものはないかな?ってのを
常日頃から考える癖を付けてもらうことが、
まず最初の壁を越えるために必要です。


その感覚が掴めたら、
あとは、色んな人と喋っていったら、
勝手に色んな人に価値を提供して、
信頼残高が溜まっていくので、
自然とお金は生み出されます。


でも普通に生きてたら、
その「価値を生み出す」っていうプロセスが理解できないし、
学校でも習わないし、
社会に出てもそのプロセスを経ずに
なんか分かんないけどお金がもらえてしまいます。

これはもう
「お金の物理法則を理解していない」
とも言えます。


物理法則を知ってるから、物質がどのように動いていくのかが分かるように、
お金の物理法則を知らないと、お金を自分に集めることはできません。

惑星は、重力場を発生させて、
その重力場によって物質が引っ張られるわけですが、
それと同じで、お金の重力場を発生(価値を外に放出)させて、
それによってお金が引っ張られる、と言う関係性をまず理解しないといけません。


そして、それが分かってくれば、
自分でその仕組み自体を作ってしまえば良いのです。


つまり、

エネルギー→<仕組み>→お金

という変換装置を作るのです。


そしたら、色んな人がその仕組みを使って、
エネルギーをお金に変換してくれます。

「仕組みを作った人」は、
「仕組みを使わせてる代」がもらえます。


こういう仕組みが完成したら、
今度は「エネルギーを集める仕組み」を作ります。

エネルギーは、「エネルギーを(系の外から)集める仕組み」に注げば良いのです。


エネルギー→<エネルギーを集める仕組み>→<エネルギーをお金に変換する仕組み>→お金

こういう感じですね。


もっと言うなら、間に「エネルギーを(系の中で)増幅する仕組み」を挟むと、


エネルギー→<エネルギーを集める仕組み>→<エネルギーを増幅する仕組み>→<エネルギーをお金に変換する仕組み>→お金


そしたらレバレッジがどんどんかかっていきます。

さらに、エネルギーを増幅する仕組みで増幅されたエネルギーの一部を、
最初に入力するエネルギーに使えば、
自分でエネルギーを増幅して、そのエネルギーを使って新たなエネルギーを集める、
という状態が作れます。

これが、StoryWritingの講座で解説している「トーラスシステム」です。


ビジネスは、0→1が一番難しい、っていうのは本当です。

これはつまり、価値を自分で生み出して、お金に変換するっていうプロセスができることを言います。

でも、そういうのよく分からないけどたまにラッキーでうまくいったりとか、
誰か別の人が生み出した価値を使えてしまったとか、
そういうことがよくあるんですね。


そうなった時に、自分で価値を生み出してるわけでもないのに、
結果だけ出てしまったから、自分はビジネスできるんだって思い込んで、
勘違いしたり、あとで痛い目見たりします。


一番よくあるのが「凄い人に紹介されて、一気に有名になった」ってパターンですね。

もし、0→1がすでにできる人であれば、
多少ドーピング的に大きな結果が出ても、
うまく辻褄合わせすることは可能っちゃ可能です。

でも、0→1ができないうちに結果だけ出てしまうと、
それは不幸なことだなと思います。


後から急に人が集まらなくなって、
「あれーっ、なんでー?!?!」
ってなります。

だから、最初って大事なので、
お金の物理法則をきちんと学んでもらえたらなと思います。


本当に今日話したことがきちんと理解できていれば、
どんな状況になっても、絶対にすぐにお金を稼げるっていう確信が持てます。

たとえ経済が崩壊してお金の価値がなくなっても、
お金に代わるなんらかの共通幻想を作って交換するはずなので、
それを集めることができます。


なぜなら、自分が価値を生み出す発生源になるわけですから、
重力場の中心になって、
その時代で、そのコミュニティにおいて、
最も価値があるものを、引っ張って来れるのです。


今ある収入がいつ無くなるか分からないと不安に思うなら、
それは価値の発生するメカニズムがきちんと理解できてないし、
それを仕組み化するメソッドが分からないからです。


それが分かってたら、
「まぁいざとなったらどうとでもなるさ」
と思えます。

貯金がいくら残ってるかとか全く気にならなくなるし、
将来のために貯めないととかそんな意識もゼロになります。


お金とか不便なものなのです。
お金で買えるものなんてかなり限られてます。

有形なものは大抵買えますけど、
本当に価値あるものは大体お金で買えません。

だから、お金はどんどん知識とかに変換していった方が良いし、
余ってたら全部寄付すればいいし、
無くなったらまた稼げばいいし、
という感じです。

常に溜めておかないと不安が消えないより、
無くなっても別に不安にならない人生の方が良いんじゃないかなと。

さっさとお金の執着から解放されて、
より高次の悩みを持って欲しいなと思います。


自分のことで悩む(ましてやお金のことで悩む)のは
まだ人生のスタート地点にすら立ってないので、
そんなものさっさと卒業して、華麗に通過して、
次のステージに進んでいきましょう。


この広いネットという海で、
たった1人の人を集めて、1万円を払ってもらう、
これがいかにして可能となるのか?
まずはこのシンプルな事を考えてみると良いですよ。

ツイッターだろうが、ブログだろうが、
どこから集めてもいいので、
とにかく1人に1万円を払ってもらうだけの価値を
提供してみましょう。


というわけで、今日はこの辺で。

ありがとうございました。

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-01-20-56-46
  2. スクリーンショット 2017-02-04 20.26.30
  3. スクリーンショット 2018-04-23 3.31.14
  4. スクリーンショット 2016-07-30 2.06.38
  5. スクリーンショット 2018-02-17 2.50.32
  6. uma

管理人:新田祐士



プロフィールはこちら

初めての方は、まずはこちらを読んでみて下さい
NEXTGENERATIONバックナンバー

新田祐士公式Facebook こちら
友達申請してもらって構わないんですが、
上限に達していて、承認が遅くなる場合があります。 ご了承ください。