アナと雪の女王を観た感想〜Let It Goは蘇る〜

この記事は4分で読めます

letitgo
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アナと雪の女王を観た感想〜Let It Goは蘇る〜
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんばんは、新田です。

今日は沖縄の映画館に行ってきました。
観たのは勿論、「アナと雪の女王」。

ディズニーの話題作で、
・ディズニー最高傑作と言われていた「トイストーリー3」の興行収入を超えた!
・タイタニック、アバターを次いで歴代3位
など、色々と話題になっていた映画だったので、観に行ってみました。

今日はこの感想を書こうかなと思います。


まず、ざっくり感想を言うと、
「全体的には良かった。・・・けど、ストーリーは普通。」
でした。

今年10本くらい見た気がしますが、
その中では上位に入ります。

ただ、ストーリーは、別に「涙するほど感動できる話」とかでもなかったし、
どっちかというとディズニーではよくあるパターンの話かなぁという感じでした。


僕が注目したいのは、
「何故この作品がこれほどにも話題になっているのか?」
という点です。

これについては、次の2つの理由があると思っています。
1.新しい試みが多かった
2.ディズニーのマーケティングが上手かった

この2点について、今日は話していこうと思います。



1.映画における新しい試み

最近、映画のスタイルが少しずつ変わってきています。
もちろん、変わらず王道を貫いている映画も沢山ありますが、
そうじゃない映画も沢山あります。

この映画では、色々と新しい試みが多かったと思います。

まず、
・ヒロインが2人
・よくある「姫を救う王子様」的キャラがいない(いても陰が薄い)
・悪役のキャラが全く立っていない(監督曰く、まわりを映す「鏡」の様な存在)
という一風変わった設定。
(ただし、物語自体はよくあるパターン)

そしてもう1つ、
「話がミュージカル調で進む」
というものです。

どんどん場面を変えたり、歌う人が変わっているにも関わらず、
歌自体は1つの流れを作っているという形で、
リアリティよりもテンポの良さを求めています。

特に、CMでも話題の「Let It Go」は、
映画館で見ると非常に迫力あるもので、
これが見れただけでもそれなりに満足してます。

参考URL:Let It Go


以前紹介した「ゼロ・グラビティ」は、
「映画館でアトラクションを楽しむ作品」
と僕は定義してるんですが、

今回の「アナと雪の女王」は、
「映画館でミュージカルを楽しむ作品」
という感じです。


どちらも、映画の新しい楽しみ方を提案していて、
単に「コンテンツを消費する」というだけでなく、
「映画館に来ないと得られない体験価値」
というものを追求しています。

この2作品で、個人的にはゼロ・グラビティの方が面白かったんですが、
その理由を書くと、
「ゼロ・グラビティ」も「アナ」も、ストーリーがありきたりです。

ありきたりというか、そんなにストーリー性を重視していない感じです。

そんな中、ゼロ・グラビティは、完全にストーリーを放棄して、
3Dの美しい映像や演出だけで勝負している感じがして、
ある意味清々しかったのですが、

一方で「アナ」は、前半はミュージカル形式という事で、
非常に斬新なスタイルを楽しめたので、
そのミュージカルが後半は無くなり、
安っぽいストーリーで勝負しようとしている感じがしました。

個人的には、最後にもう一度盛大なミュージカルがあれば、
非常に満足できる作品になったのになぁと期待していたのですが、
この映画のミュージカルとしてのピークが「Let It Go」で、
「それ以上のものが無かった」
というのが少し残念です。


しかし、この映画はゼロ・グラビティ同様、
「映画館を再定義した」
という意味で、新たな可能性を開けてくれたのではないかと感じます。

今後、映画というビジネスも、どんどん変化(進化)していくでしょう。


例えば、一部の映画館では「サッカーの観戦」が取り入れられたりしているらしく、
リアルタイムでしか味わえない興奮を、映画で楽しもうというものです。

映画で言えば、
「貞子3D2」という映画では、
スマホアプリが映画と連動するという新しいスタイルを採用したそうです。
(つまり+1Dで4Dになったわけです)

まぁこれは失敗した感がありますが、この発想自体は悪くないし、
色々と取り入れられる部分があるでしょう。


映画だとスマホと連動って結構微妙な感じがするのですが、
例えばミュージカルやコンサートなんかでは使えますよね。

もっとビジネス的な話をすれば、アプリをDLさせる事で、リストも取れるわけです。
そこからコミュニティ化に繋げる事もできますよね。
(セミナーとかでも今後やる人いそうですよね〜と、この前合宿で話してました。)

また、テレビなんかでこれやったら最強だよなーと思います。


USJやディズニーランド等では、
映像を見ながら椅子が動いたり水や霧が出てくるシステムを取り入れる事で
より臨場感を高める仕組みがなされていますが、
映画館でもいつかは取り入れられるかもしれません。

現在の映画館という制約のもとで、
いかに自由度を高めるか?という発想を色々考えるのは
非常に面白いので、
「映画館を自分なりにどう再定義できるだろう?」
と是非考えてみて下さい!!



2.ディズニーのマーケティング

今回の「アナ」の成功の大きな要因は、
ディズニーのマーケティングが上手かったという点が挙げられます。

その1つがCMです。

今回の「アナ」のCMでは、
本映画の一番盛り上がる部分である、
「Let It Go」
を全部流してしまっているのです。

映画をよく観ている人は知ってると思いますが、
去年あたりから、映画がはじまる前の予告CMで、
「Let It Go」が全て流れています。


そして、ここが興味深いところなんですが、
普通、映画のCMって、
映画の要所要所を切り貼りして、
「この映画はこんな感じの話です」
ってのを見せるものなんですが、

今回の「アナ」のCMでは、
ただひたすらLet It Goのシーンの映像が流れて
それ以外の説明が全くありません。

だから、
「一体今のは何だったんだ!!」
とめちゃめちゃ気になるのです。

実際、昨年映画館でCMが流れた時も、
「アナ」の予告の時だけ映画館全体が静まり返って、
皆食い入る様に観て、CMが終わった後、
「今の何?面白そう!!」
と話していたのです。


本来なら、一番の盛り上がりところを全部丸々見せると、
映画館で実際に観た時の興奮度が減るのですが、
この映画は違います。

なぜなら、映画内で「Let It Go」が流れるまでのストーリーを知っているかどうかで、
この歌の意味が全く変わってくるからです。


恐らく、ただCMを見るだけでは、
歌詞が右から左に流れていくだけなのですが、
この映画をちゃんと最初から観て、
そのコンテクスト(文脈)を踏まえた上で改めて聴くと、
歌詞が全部頭に入って来るのです。

「あぁ、この歌詞ってこういう意味だったんだ!」
となります。

だからディズニーは、
本来なら全部見せるなんて”ありえない”筈の、最大の見せ場を、
CMで全部流してしまう事ができたわけです。

最初は「素晴らしい歌」として、
そして映画館では「物語」として、
「再定義されたミュージカル」を楽しみ、
歌詞の意味に気付くのです。

また、他にも、
こんな動画を使って、ネットでの「拡散」(=バイラル)を狙ったりもしています。


※こういうのをディズニー公式チャンネルが出しているのです。


とは言っても、
「Let It Go」
がこの作品の最大の見せ場で、
これ以上のものは無いかなぁという感じでした(あくまで個人的な感想)。

でも、こういう視点で観てみると、
色々と発見があるかもしれません。


ディズニーでアトラクション出来るだろうなぁこれは。笑



PS.
この映画は「小学生の女の子が好きな要素」が全部詰まっている感じでした。
・魔法少女
・強くたくましい女の子
・氷&雪
etc..

娘さんがいる方は是非連れて行ってあげて下さい!


PS2.
沖縄はまさかの自由席でした(苦笑)
懐かしすぎる。

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. nensi
  2. ideaism
  3. ningen
  4. siro
  5. euler
  6. arasi