人間セミナーの前に書いてみる

この記事は6分で読めます

ningen
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人間セミナーの前に書いてみる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんにちは、新田です。

沖縄に来てもうすぐ1週間で、
もう都心でできる事はあらかたやった感じがしてます。

皆でセミナーを受けて、その後島唄を聞きに行ったり、
沖縄の伝統料理を食べながら民族舞踊的なものを見に行ったり、
毎日色んな事やってます。
(今日は海辺でバーベキューをする予定です。)

今回の合宿で思ったのが、
「皆、稼いでいる人ばっかり・・・!」
という事です。

今回のセミナーは、結構1年くらい前から僕の講座を受けてる、みたいなが方が多く、
ビジネスを初めたばかり、という人が割と少なめでした。

StayGoldの時は、僕のメルマガを購読したばかりで、
ほとんどビジネスをはじめたばかりという人が8割くらいだったのですが、
1年経って会ってみたら、ほとんど皆成果を出してる事にびっくりしてます。


とは言っても、これは今回僕が「人間」にフォーカスして売ってたので
まだ右も左も分からない、という層にはあまり響かなかったのと、
沖縄に4日も来れる時点でそれなりに自由な人が多いから、
という事なのかもしれませんが・・・


また、もちろん、全員が全員成果を出しているワケではないので、
合宿中に色んな人の話を聞きながら可能な限りサポートはしていこうと思ってますが、
やはり成果を出してる人達を見てて思ったのは、ある種の「余裕」というか、
「人生を楽しもう、より善く生きよう」
というマインドセットです。

これは真理の方程式の勉強会でもそうだったんですが、
皆僕にビジネスの話をあんまり振って来ず、
ほとんど雑談してる感じです。

少なくとも、
「折角会ったんだから、少しでも稼ぐノウハウを聞き出そう!!」
みたいなマインドが微塵も感じられないんですよね。


僕はこのマインドセットは本当に重要だと思います。
(今成果が出ているかどうかに関わらず。)

「もっとお金欲しい!」
と必死になればなるほど、
「余裕の無さ」
が感じられてしまいます。

必ずそれは文章にもあらわれます。

そんな人から何か買いたいと思わないですからね。



あて、話はちょっと変わりまして
(というかあんま考えず書いてるので何の話するか書きながら考えてる笑)
最近よく聞かれるのが、
「どうしてメルマガの登録フォームをブログから消したんですか?」
という事です。

実は今、僕のブログに来ても、
メルマガのフォームはありません。

※ブログはこちら
http://mintia01.com/

TwitterとかFacebookにも一切載せていません。


また、以前は「集客装置」を作るのが楽しくて、
例えばダイエット系サイトを作って、そこから自分のメルマガに誘導してみたり、
みたいな感じで、かなり色んなサイトから集客できる仕組みを作り、
大体1日50人くらいは安定して集まっていました。
(サイトで言ったら何十個も持っていました。)

しかし、去年、僕はこれらをほぼ全て消しました。
(消すんだったら誰かにあげたら良かったなぁと今では思うんですけど)

また、ブログからもフォームを消して、
あとついでも、ステップメールからも全てのセールスを消す事にしました。


その結果、現在、1日に集まる読者は1~2人くらいだし、
自動化の収入はほぼ0になりました。
(あ、昔作ったサイトアフィリ用のサイトは残してるんで
そっちはそれなりの収益になってます。)

これを言うと、大抵は理解されないのです。

だいたい、
「折角自動で月収1000万の仕組みが完成したのに
なんでわざわざ自分で壊すんですか?!勿体無いです!」
みたいな反応になります。
(今回の合宿ではあんまりそういった反応にはならなかったんですが)


何故僕がそんな事したのかと言うと、理由は簡単で、
その先の10億を目指すためです。

「お金が欲しい」って思ってるわけではないのですが
単純に、それくらい大きなお金を動かせる様になりたいし、
それによって今までできなかった事がもっとできると思ってるからです。

そこで僕が今考えてる事は、
今年~来年中に、「稼いでる」という感じを一切出さない様にするという事で、
同時に、そういう人(でも稼いでいる人)を増やす事です。

僕が今回、ステップメールからセールスを完全に消したのは、
自動化の収入があったり、集客装置があったり、実績を出せば出すほど、
「安心」してしまうというか、
「甘え」が生まれてしまうと思ったからです。


僕が目指している事は、
「この人はお金を稼いでいるから、メルマガを読んでみよう」
と思われるのではなく、
「この人の発信している内容が面白いから、メルマガを読んでみよう」
と思われる状態です。

今、面白いかどうかはどうでも良くて、
いつかは、本当にどんなテーマで記事を書いても、
たまたま流れ着いた人が読んで「面白い!」と言ってくれる様な文章を書ける様になりたいと思うし、
その為に毎日必死に考えていて、そこで生まれたスキームを講座とかで解説したりしています。


僕が最終的に目指しているのは、
文字通り、どんなジャンルでも売れる様になる、
という事です。

例えば、
「英語を皆で学びに行こう」
でもいいし、
「お笑いについて皆で研究しよう」
でもいいし、
「催眠術を皆でマスターしよう」
とかでもいいし、

自分が「このスキルを身に付けたい」と思った時に、
皆にそれを提案して、一緒に学びに行って、
シェアし合う事ができる環境。

これが理想なのです。

今回も、皆で沖縄に来て、人間セミナーを受けた後、
それをどうビジネスに応用できるか?人間関係にどう役立てるか?みたいな事を、
議論し合う事で、人間分析についての知識がかなり深められました。
(これを後何回もやるわけですから、ある意味一番美味しかったりします。)

1人で考えるよりも、レベルの高い人達を集めて議論した方が
圧倒的に学習効率は上がります。


・・・となった時に、僕が取るべき行動は何だろうと考えたところ、
例えば、ブログで大々的に
「年収○億円の×××が~~~!!」
とか書いてあって、それをステージの高い人が見た時に、
果たしてメルマガを読みたいと思うだろうか・・・?
という事です。


実績とか学歴とか、そういった事で勝負しようとすればするほど、
「それよりも上」の人には興味を持ってもらえません。

これは自分に置き換えたらすごくしっくり来た事で、
例えば誰かのブログで「月収1000万です!!」って書かれてても僕は全く興味を持たないし、
むしろ今はそれくらいの実績出す人はいくらでもいるので真新しくもないのですが、
逆に、やってる活動だったり、発信している内容が面白かったり、その人の人間性が好きになれば、
メルマガを読みたい、仲良くなりたい、みたいに思います。

だから、自分もそれを目指すべきであり、
それを目指していれば、収入の桁は自然と上がる筈だ、
と思ったわけです。


僕はこういった直観をこれまで非常に大事にしてて、
その直観が外れた事はありません。

面白い事に、積み上げてきたものを全部潰した時、
収入の桁が毎回1つ上がっていったのです。


そして実際、去年ステップメールからセールスをほとんど消して、
自動化の収益はガクンと下がったのですが、それでも全体は上がり、
今月ついにステップメールからセールスを完全に消しました。


何も売れなくていいから、
面白い人と1人でも多く仲良くなりたいし、
その為に面白い人を1人でも多く作りたい、
そしてそこから面白いビジネスが生まれたら、
自動化の収益よりもはるかに大きなビジネスになると思ってます。


・・・ただ、これは、全部を全部真似しない方が良くて、
例えば集客とかははじめのうちはきちんとやってみた方が良いです。

最終的には
「集客要らずのビジネスモデル」
は理想ではあります。

しかし、
「集客スキルはあるけどやらない」
のと、
「集客自体をやった事無い」
のは違います。


しかし、集客やテクニックにばかり目がいって、
情報ビジネスにおける最も重要な
「面白い文章を書く」
というスキルを磨かなければ、必ずどこかで頭打ちになります。


僕の文章は、少なくとも2年前とかよりは、
大分レベルは上がっている筈です。
(だって最初は本当酷かったですからね苦笑)

文章力を向上させるコツは、僕の中ではもうだいぶ体系化されていて、
1.しっかり練った文章を書く
2.スピード感をもって大量に書く
3.フィードバックを貰う
+1.面白い文章を沢山読んで研究する
この3(+1)つです。

しっかり練る、というのはきちんとした文章を書くという事で、
例えば「真理の方程式」とか「新世界」とかでは、
割ときっちり書いている(つもり)です。

きちんと見直しとかもして、修正したりして送ってます。

一方で、メインメルマガ(※このメール)とかは、
毎回特に何書くかも決めず、思いついた事をささーって書いて、
見直しもせず送ってます。

今日も、「とりあえず何か書くか~」って感じで、
思いついた順に、喋るように書いています。

だから、割とすらすら読める文章になってるかと思います。


こんな風に「スピード感のある軽いタッチで大量に書く」癖を付けながら、
「中身のある文章をしっかり書く」という訓練も行う事。

そして3の「フィードバックを貰う」という事です。


返信を貰って、反応を見る事で、
「あぁ、こういう文章が良いのか」
「今日のはダメだったかな」
みたいな事が非常によく分かります。


そして、3をするためには、
「集客をする」
ってのは必須なわけです。

自分の中で一生懸命考えて面白いものが出来てから出すより、
とりあえず集客してみて、一緒にスキルを磨いていけば良いのです。


僕も、今でも常に、
「一緒に学びましょう」
というスタイルです。

「僕は月収100万です!こんな自由になりました!
そんな私があなたに教えてあげます!」
とかやっちゃうと、
「一方的に教えるスタイル」
が確立されてしまいます。

そうするとどうなるかと言うと、
まず月収100万を超えてる人はまず来ないし、
まともなフィードバックがほとんど返ってきません。


僕のコミュニティには、僕よりビジネスで大きな実績出してる人も、
僕よりはるかにビジネス歴長い人も、
人生経験長い人も、沢山参加してくれているのは、
あくまで僕が「一緒に学ぼう」というスタイルを取っているからだと思っています。

ある意味で、
「場を提供するビジネス」
とも言えるのですが、
単に「場の提供」だと人は集まりません。

僕というコンテクストメーカーが中心にいて、
異文化を調和させてゲシュタルトを作っているからこそ、
色んな人が来るし、色んなところに連れていけるのです。


僕は2年前に、

アフィリエイターは最強
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
って言ったんですが、その理由がこれです。


別にアフィリエイトをしよう、って言ってるわけではないし、
今はもう僕もアフィリエイターみたいな肩書きは出してないんですが
それでも、僕が提唱しているアフィリエイトの考え方は非常に重要だし、
そのスタイルは残していきたいと思っています。


1年後は、
「よし、じゃあ来週は皆アメリカに集合!」
って言って、100人くらい来てくれたらいいなぁ。

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. sinzou
  2. miraitosi
  3. スクリーンショット 2016-07-30 2.06.38
  4. godenergy
  5. satori
  6. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-01-20-56-46