木坂さんとの寿司再び&ステージと軸

この記事は5分で読めます

sushi
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 木坂さんとの寿司再び&ステージと軸
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんばんは、新田です。

今回の記事を読む前に、先にこっちを読んで下さいね。
木坂さんがいかに変態であるかという件について


というわけでお久しぶりです。
メルマガを書くのが1ヶ月ぶりです。
「え。毎日届いてるよ?」って人は、多分それはステップメールです(笑)

僕は今月に入ってから、活動のスタイルが大分変わりました。

今まではビジネスはほとんどメルマガだけで完結させてたので、
基本引きこもり体質です。

まぁ旅行とかはよく行ってるんですが、
旅行先で引きこもってたので(笑)

しかし、今月からは人と会う機会が大分増えました。

ここしばらくは毎日コンサルをしたり、勉強会をしたりして人と会ってます。

正直、「お金を稼ぐ」って事だけを考えるなら
僕にとってはコンサルとかってコスパはめちゃめちゃ悪いです。

収入自体は常に右肩上がりになっていますが、
お金になる事を全くやってない気がします。
(そう考えると、メルマガ書いて他人の商品売るだけで稼いでた頃は
何て楽な事ばかりしてたんだろうと思います。)

ただ、今はお金にあまりプライオリティがなくて、
時給を上げる事とか、自動化の収入を増やす事とかに全く興味が沸きません。

ここ数ヶ月はもはやインフォトップにほとんどログインすらしてないし、
他のASPもパスワードとか忘れたので見れないし、
銀行口座を見るのもやめたので、月収がいくらとか、そういうのすら知りません。

しかしお金なんて気にせず好き勝手やってたら、
利益ベースで年に数億円は固いだろうな、という確信だけは常にあります。

ただ、それすらも、
万が一、全然稼げなかったからとして、
「まぁ別にいいかな」って感じでいます。

その気になればいつでもいくらでも稼げるわけですから、
口座にいくら入ってるかも、自分がいくら使ってるのかも気にせず、何か買う時に値段も見ず、
「お金」というものから完全に自由になりました。

(もちろん、これから自分が進化していけば、
勝手に入ってくるお金は自然と増えていくだろうと思ってます。)

最近は勉強会や、人と話す事の方が圧倒的に楽しくなった(し学びがある)ので、
積極的に人と関わろうと思ってます。

「真理の方程式」の勉強会では、
西野さん(リアルセミリタイア中らしいです)も参戦してくれる事になって
かなり白熱してて面白い事になってます。

多分こんなにハイレベルな議論をしているネットビジネス系コミュニティはまず無いでしょうね。

あと、和佐さんとも定期的に合同勉強会をしてます。
和佐さんはついに9月に出版デビューするらしいので、
皆さん是非本買ってあげて下さいね!全力で応援しましょう。


あとそれから、木坂さんとまたお寿司に行ってきました。

事の発端は
「また(新田君のお金で)お寿司行きましょう!」と、
木坂さんに行ってみたいところリストを貰ったのです。

木坂さん
「とりあえずそのリストにある店で予約取れたら教えて下さい。
全部でも大丈夫ですよ。メルマガで『木坂に奢るグルメ日記』ってコーナーいかがですか!」

と、以前の僕なら”あの時”の記憶が蘇って震えたのでしょうが(※ブログ参照)、
もう大丈夫です笑

むしろ、どこまで伝説を作れるか楽しみなくらいなので、
需要があればやろうと思います。

もうお金なんて気にしない!

どんなに高い店だろうと驚かないぞ!!

もう値段なんて見ないぞ!!

そう思って、さっそく予約しようと電話してみました。


「すみません。今月に予約を入れたいんですけど。」

店員さん
「あー、すいません、しばらくは埋まってるんですよね〜。」


「あ・・・そうなんですか、一番早くていつ空いてますかね?」

店員さん
「お調べしますね。えーと・・・一番早くて7月ですね〜」


ん・・・?7月?もう終わってるんだけど何言ってんだこの人・・・


店員さん
「あ、”来年の”7月です。」


・・・・・!!


もう何が来ても驚かないぞと意気込んでた僕でしたが、
はるかに予想の斜め上でした。

そもそも1年後にスケジュール入れる感覚が僕には理解できないんですが、
お寿司屋って奥が深いですね。

というかまずこんな店をリストに入れてどうしろって言うんだ木坂さんは・・・

とか思いつつ、他の店にも電話をかけてみると
案の定、どこもしばらく予約が取れそうにないんですが、
そんな中、

店員さん
「ここ数ヶ月は完全に埋まってるんですが、
偶然明日、キャンセルが出て2席空いてます!」

というまさかの奇跡が起こったのですぐさま予約。

というわけで急遽行く事になりました。

で、行く前に、木坂さんが凄く面白い事を言ってたので
勝手に紹介しようと思います。

「こういう一流店で店長とか板前さんとかに話を聞いていると
彼らは例外なくステージが高いので、
全てに通ずる成功哲学みたいなのがぽろっと聞けるんですよ。

そしてその『ぽろっと』を、一定以上のステージにない人は見事に聞き逃し、
何も得られないのです。

僕なんかはそういうのをヒントに、セミナーやメルマガ考えたり実際しているので、
僕らがそういう美味しいものを食べることは色々みんなの助けにはなると思います(笑)」




「=どんどん奢ってね(笑顔)」
って事なんですが(笑)、もうこれが聞けただけで、
「いくらでも食べて下さい笑」
って言っていいくらい価値を受け取った気がします。

「一流の店に行く」
この価値の本質が見えましたね。

高いお金を払ってお店に行く事の意味は、
決してただそのサービスを受ける事だけではありません。

その店の作る世界観を知るという意味もあるし(これは僕も知ってました)、
その世界を支配する人間が発する言葉に意味がある(←これ!!)。

この発見は大きいです。

頭では分かってたんですが、アンテナが弱かったので、
僕にとってはパラダイムシフトですね。

これから更に新しい発見が沢山見つかりそうです。


因みに、ステージの高さとは、縦の軸と横の軸の大きさのかけ算で決まります。
(比例しているわけでは無いですが、ある程度の相関関係があります。)

縦の軸とは、自分の発信の軸となるものです。
僕だったら数学とか物理とかがそうなんだと思います。

木坂さんだったら哲学とかがそうです。

つまり、1つの分野で造詣(ぞうけい)を深めておく事で、
色んな物事を深く考えるクセが自然とつく様になるという事です。

一方で、横の軸は興味の幅です。

ビジネス、心理学、漫画、音楽、映画、経済学、物理学、アニメ、スポーツ、
ジャンル問わず、色んなものに興味を持ち、
浅く広く色んな事を学ぶ(経験する)という事です。


例えば寿司屋の板前さんだったら、
何年もかけて修行をして、職人技を磨いていくわけですから、
「縦の軸」ができます。

一方で、店で色んな人と喋ったりするわけです。
しかも高級店に来る人はその時点で一定以上のステージにいる人間が多いので、
その分、色んな面白い話を聞く事ができます。

すると自然に横の軸も広くなり、
結果的に縦×横(T字型)が大きくなり、ステージが高くなる、
という事なのでしょうね。


因みに、寿司は今回は木坂さんの好みの味ではなかった様で、
あんまり食べてませんでした(笑)

まぁそうは言っても相当高いんですが、
中途半端に高いだけなのでネタにならないという・・・(苦笑)

寿司の話がネタにならないなんて駄洒落にもなりません(笑)

その後、六本木ミッドタウンに行ってステーキを食べて(当然の様にぺろりと食べてました)、
アイスクリームバーガーという謎なスイーツを一緒に食べてました。

明らかに合成の誤謬(ごびゅう)が起こってそうな食べ物だったんですが
最高に調和してて、ゲシュタルトとしての価値が非常に高かったです。

1日でこんなに色んな種類のものを食べたのははじめてかもしれませんが、
こういうカオスな生活をするのが、横の軸を広げる事に繋がるのだと思います。


だから、僕は色んなものをメルマガで勧めているわけです。

普段聴かない音楽を聴かせたり、
見ない様なアニメや映画を見せたり、
興味持たない様な事に興味持ってもらって勉強させたり、
普通の人が絶対行かない様な高級ホテルで勉強会をしたり、
こういった「人がしない経験」をとにかくする事が横の軸を広げます。

あとは、縦の軸を作らないといけないわけですが、
これは真理の方程式の勉強会でも何度も話題になってたり、
木坂さんともずっと前から喋ってた事なんですが、
結局、「やっぱり2年くらいはかかるよね〜」という結論になってます。

もちろん、縦の軸がなくとも成功してしまうのがネットビジネスの面白い所なんですが、
「思考を深める」という事ができなければ、
長くは続かないんですよね。


ちょっとその辺の事に関して、最近皆と話しながら色々考えた事をまとめて、
「ネットビジネスで成功する為の3つの条件」
というレポートを作ってみました。

初心者の人はもちろん、
稼いでる人も、今月いくら稼いだか気になってしまう段階の人は
是非読んでみて下さい!

完全なる自由を手に入れるための地図を授けます。


ネットビジネスで成功する為の3つの条件
http://mintia01.info/s3.pdf


それでは、夏も終盤ですが、頑張っていきましょう。
有り難う御座いました!

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. susi
  2. kaminari
  3. 1nen
  4. kaou