数学とビジネスを結びつける

この記事は3分で読めます

suugaku
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 数学とビジネスを結びつける
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんばんは、新田です。

最近、嬉しい事があって、
それは質の高い返信がやたら多いという事です。

以前は、
「今日は○○が勉強になりました!有り難う御座います。」
みたいなメールがほとんどだったし、
まぁこれはこれで嬉しいんですが、

最近は、
「今日のメルマガの~~という部分ですが、
~~に当てはめてみたら、こんな結果が得られました。
つまり、~~という事ですね!」

とか、

「今日の~~という部分が気になって、更に調べてみたところ、
~~という事が分かりました。」

みたいな感じで、
新たな視点を提供してくれるメールは非常に嬉しいですね。


メルマガを送れば送るほど、
良いアウトプットが返ってきて、
僕自身も進化できます。

発信する情報の質が返信の質を決めると思っているので、
僕自身成長しているんだと実感できる瞬間でもあります。

まだまだ全然ですけどね、僕は。
しかし、着実に進化してる気がします。


残念ながら返信は出来ないのですが、
よっぽど面白かったものは、ごく稀に、返信する事はあります。


さて今日は、昨日頂いた質問に回答したいと思います。

こういった質問です!
「私は今まで色んな事を学んできたつもりですが、
自分のフィルターが増えた実感も無ければ、
自分が学んだ事を他に応用するという視点が未だに分かりません。」

これは、FacebookでKawabeさんから頂いた質問で、
他にもメルマガの返信で多くの方から寄せられた質問だったので、
回答したいと思います。


僕の結論は、自分の学んだ事を他に応用する方法は、
抽象←→具体、今いる世界←→新しい世界
この2つを自由に行き来させる訓練を積む事です。

イメージとしては、縦と横に広げていく感じです。

抽象化とは、例えば
「この数学の問題は、チャート式で勉強した例題4と同じだ!」
と”見抜く”事です。

数学が苦手な人がこれを聞いても、
「え?なんで?」
となります。

でも、抽象化する事ができる人は、
2つの異なる問題が同じに見えます。

数学が苦手な人は、なかなかその理屈が分からないので、
同じパターンの問題を沢山説く事で、
抽象度の高い原理原則を理解します。


つまり、
抽象←→具体 を行き来しながら原理原則を発見し、
今いる世界←→新しい世界、
つまり、過去に解いた問題の原理を新しい問題に応用した、
という事になります。

今のは「数学」という枠の中で考えた話ですが、
そして更に世界を広げて、
数学←→ビジネス
みたいな感じで移動させるのです。

何故、これが出来ないかと言うと、
2つの世界において共通の原理を発見するだけの、
抽象←→具体 の力が無いからです。


それぞれの世界を構成する原理を発見して、
更にそれぞれの共通項を見つける、という事は、
もう一段階高い世界を考える必要があります。


また、見つけるだけじゃダメです。
見つけたら、今度はそれを具体化していかないと、
他の人に伝わりません。

(「専門家」と呼ばれている人は、抽象化する能力は長けているのに、
この具体化の能力が無い人が多いです。)


これが出来たら、例えば、
他人が何かプロモーションをしているのを見て、
それを自分のメルマガで再現する事ができる様になります。

全く違う属性のメルマガで、
全く違う商品だったとしても、です。

他人の世界で行われている事を、
自分の世界でできる様になるのです。


これは、訓練次第で出来る様になる事です。


ちょうど昨日、とある方(yさん)から面白いメールを頂いたのですが、
そのメールによると、
ミューシャンや画家、音楽家には2種類いて、
1つは自分を根源としていて、
その人は自分の魂をむき出しにする作業を主に行い、
他人と関わり過ぎる事で感性が傷つく為、
引きこもる事で最も高いパフォーマンスを出せ、

もう1つは、何かと何かを掛け合わせるセンスを源泉としていて、
その人はAとBを掛け合わせる事で新しいものを生み出す作業を行う為、
人と関わる事でよりクリエイティブなものを生み出せる。

(その方は、前者をアーティスト、後者をクリエイターと定義していました。)


自分を源泉にしている人間は、
非常に抽象度の高い領域に到達できる、
縦の移動ができる人です。
真理に向かって進んでいくイメージですね。

色んなものをかけ算できる人間は、
具体化(具現化)が得意で、
横の移動ができる人です。


どちらも必要な視点であるとは思いますが、
両方を同時にやっていく、
という事が必要だと思うのです。

縦の移動しか無くて、
特に一方向しか進めない人は、
「人々に理解されないアーティスト」
となる可能性が高いです。

芸術家は死んでから評価される人が多いのはこの為だと思います。

一方で、横の移動しかできない人は、
共通項を見つけられません。
少しずつでいいので、縦の移動を混ぜていく必要があります。

横に大きく移動していった先にあるのが、
「日常生活が全てコンテンツ化」
です。

生きてるだけでネタが無限量産できる状態ですね。
まさに錬金術みたいなものです。

僕は、やっぱりこの状態を全員に目指して欲しくて、
その為にこうやって発信しているのです。

今日ので、何かヒントとなればなと思います。
もし良かったら、感想、要望、質問など、
メールで送って下さい。

簡単なコメントであれば、Facebookの方に書いて頂ければと思います。

ではでは。

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kyojin
  2. cosmo
  3. siro
  4. rina2
  5. sedori