人生に希望を見出した瞬間

この記事は7分で読めます

kaminari
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人生に希望を見出した瞬間
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんにちは、新田です。


多分今日が、
Stay Goldセミナーの値上げの日です。

なんか、
10万円を超える支払いの場合本人確認がいるとかで、
支払いが期限までに間に合わなさそう、
みたいな意見があったのですが、

とりあえず申し込みだけして頂ければ、
ある程度は待ってくれると思いますので、
どうせなら安い時に申し込んでおくと良いですよ。



僕の特典をまとめると、
・木坂さんに皆から寄せられた質問を聞いていく(定期的に配信予定)
・僕が、自分視点でセミナーのフォローアップ(アフィリエイターはどう使うか?という視点で)
・木坂さんのセミナーと関連する僕のセミナー(予定)
・NEXTSTAGE通信∞無料招待(Veteranコース以上、ライブ参加者、僕と1回でも喋る事が条件)
・木坂さんとの食事会に招待(Expert plusコース限定)
・スカイプサポート1回(Expertコース以上の人限定 Expert plusコースの人は食事会とどちらかを選択)
・他、続々追加(予定)

こんな感じです。
とは言いつつ、特典目的で参加するのはやめて欲しくて、
あくまで、セミナーに参加したいという場合のみ申込んで頂きたいです。

また、セミナーの前後で、
喋ったり、時間があれば食事に行ったりとかもできます。

Start upコースはちょっと人数的に難しいかもしれませんが、
Veteranコースとか、Expertコース、Expert plusコースなら、
ある程度はいけるんじゃないかなと思ってます。

(ただ、日程が合う、合わないもあるので、
これを期待して申込むのではなく、
あくまでセミナーに期待して申込んで、
僕に会えたらラッキーくらいに思ってもらえればと思います。)


特典付きで申し込む方はこちら。
こちら



さて、このレターを見ると、
僕は、非常に共感する部分が多いなと感じます。


木坂さんが、ビジネスを追求した結果、
「雲の上のはるか天空の存在を知り、勝てないと悟った瞬間」


これ、僕も過去に非常に似た経験をしました。


僕は、大学時代、
まぁはじめは予備校講師に憧れて理学部を選んだんですよね。

当時、数学、理科は全国トップクラスで成績が良かったので、
本当に理系分野を極めてやろうと思っていました。


大学1回生の時は、やたら真面目に勉強してたし、
その甲斐あって、1回生で卒業単位をほぼ全部揃えて、
かなり真面目に頑張ってたんですが、

2回生の終わりくらいから、
だんだん、とんでもない化け物レベルに頭の良い人が現れてきました。


僕らが読んでる本って、
大体、1日数時間、毎日勉強して、
半年かけてやっと1冊読める、
とかそのくらい鬼畜難易度です。

特に難しい本だと、4人くらいで輪読して1年かかるとか、
そういうのも普通にあります。


ただ、「化け物」レベルに頭の良い人は、
そういった本を、たった数日で読み切ってしまいます。


元々頭の出来が異次元な上に、
1日15時間くらいノンストップで勉強する事を苦とも思っておらず、
その1冊を読み終えるために海外の論文を10個くらい読んだとか、
意味不明な事を真顔で言ってくるのです。


そんなキチガイじみて頭の良い人が、さらに、
「いや~○○君は本当化け物だな。
俺ら凡人とは頭の出来が違うよ。」
とかツッコミ所満載の発言をされた日には、

あぁ、フリーザを一瞬で倒すやつもいるんだな、
という感覚でしたね。


ただ、僕は割と諦めが早い人間で(笑)、
特に劣等感を抱く事もなく、
「なるほど、もう頭の構造が完全に違う人間だらけなんだから、
そもそもこいつらと勝負しちゃダメだ。」

と即座に察したのです。


このまま同じ土俵で勝負したら、
確実に自分は劣等感を常に抱きながら勉強し続け、
結局、勉強が嫌いになってしまう。


じゃあどうしたらいいんだろう?

と考えた時に、
僕が唯一、勉強する事に楽しさを見いだせたのが、
「インプットじゃなくて、アウトプットに力を注ぐ」
という結論です。


つまり、皆でゼミをやって、お互い教え合うという事です。


僕は、「無知の知」があるからこそ、
いかに知識を沢山持ってるかというところでは勝負せず、
「いかに自分の持つごく僅かな知識を圧倒的に分かりやすく説明するか?」
という部分にフォーカスして、それを極める事を”楽しむ”様にしてました。


意外と、恐ろしく賢い人に限って、
説明するのは絶望的なくらい下手です。


彼らは、元々頭の構造が優れ過ぎているせいで、
相手も自分と同じ能力である事を前提にしか喋れず、
伝える能力が著しく低いのです。


一方で僕は、いったん理解した事は、
量子力学のとてつもなく抽象的な概念であろうと、
1週間かかって解いた数式であろうと、

誰よりも分かりやすく、
非常に簡潔な形にして、図解もして、
解説する事ができました。


すると、賢い人たちが、
僕の能力を求めてやってきます。


僕は、圧倒的に能力が低いにも関わらず、
「アウトプット力(情報発信力)」が優れているが故に、
彼らの翻訳者の代わりを担う事ができました。


つまり、僕に知識を与えて、
それを分かりやすい形で翻訳してもらって、
全員でシェアする事が、
もっとも全体の勉強効率が良くなる、という事を、
彼らも賢いので理解していたのです。


学問を追求する事はできなくても、
そこそこの勉強をして、それを分かりやすく自分なりの解説をする、
この事がいかに価値を持つ事かを知りました。


「知識はマネタイズする事ができる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この資本主義社会の原理となっているこの事実を、
肌で感じた瞬間でもありました。


僕は、この力を、
「アフィリエイト」というジャンルで使いました。


当時、アフィリエイトというジャンルでは、
「ただ、特典を集めて商品を紹介する」
という事を毎日繰り返す事しかできない人たちばかりだったのですが、

僕が、インフォプレナーのロジックを、
アフィリエイトに応用したのです。


例えば、プロモーションアフィリエイトだって、
簡単に言えば「企画に特典を付けよう」ですが、
それだけじゃ絶対にヒットしなくて、

何故ヒットさせれるのか、
それは僕がきちんとビジネスの原理原則を理解した上で、
それを誰でも使える形に一般化(テンプレ化)した為なのです。


こんな風に、
僕は大学時代に鍛え上げらる事で、
どんなに抽象的な概念でさえも、誰にでも分かるレベルに落とし込める、
具現化系能力を手に入れたわけです。

多分、この力は、このインフォ業界では無敵の力だと思っているし、
というか情報化社会の現代においては、
僕は永久に稼ぎ続ける事ができると思っています。


そんな僕は、理系の知識をひたすら学んできたわけですが、
多分、僕が、理系の勉強に使ってきた時間を全てビジネスに使ったら、
木坂さんの足元くらいには及んだんじゃないかなと思います笑。


僕が大学時代に身につけた、
難しい抽象的な概念を、誰でも分かる形で翻訳する事ができる、
それも圧倒的に高い制度でできる能力を持つ人間は、
少なくともこのインフォ業界では、僕を除いたら木坂さんしかいないと思っています。
(あーインフォ業界でくくったら木坂さんに怒られる。笑)


その上さらに、10年以上かけて、
異次元なくらい勉強を続けたわけです。


「え?誰が勝てるの?」

というレベルでしょう、もはや。


特に、この情報ビジネスにおいて、
圧倒的な知識量×最強の情報伝達能力
が兼ね備わった人間は、無敵に決まってるわけです。


木坂さんの音声は、
本当に「どうやったら皆がすんなり理解してくれるか?」を
徹底的に考え尽くして作られてます。


「ネットビジネス大百科」を聞いたら、
それは誰もが認める事でしょう。


僕の最大の成功は、
はじめて買った教材がネットビジネス大百科だった事。


DRMを学んだ、とかもそうですが、
「そもそも、情報発信とは?」
という部分を、感じ取る事ができたし、
「あぁ、これって自分の得意分野じゃん笑」
と、即座に、もういくらでも稼げる姿が浮かびましたね。


僕が昔予備校講師を目指して、教育実習とか行ってた事だったり、
学問を究める事を即座に諦めて、アウトプットする事を学問の楽しさとした事、
ネットビジネス大百科に出会った事、

これら全ては、今の為にあったんだなと思います。


全てがつながった瞬間です。


僕は、プレナーのロジックを、アフィリエイターの人達に伝え、
月数百万~1000万単位で稼ぐ、
最強のアフィリエイターを大量生産しました。


勝てるに決まってます。


僕は、最強のロジックを木坂さんによって分かりやすい形されて学んだんだから、
それをアフィリエイターのロジックに、落とし込んだだけの話です。


だから、僕から学んだアフィリエイターは、
間違いなく業界最強の力を身に付ける事ができますし、


僕自身も、ただの一度たりとも企画を外す事なく、
今や月数千万単位で利益を出し続けているのです。



今の新しい世代の人達は、本当に力のある人が多いし、
多分、数年以内に業界の主力メンバーは塗り替えられると信じています。


僕は多分、今後100億くらいなら稼げる自信がありますが、
1000億とか、兆は狙う気はありません。


それは、世の中、
情熱とか、努力だけじゃ越えられない、
本当に次元の違うくらい頭の良い人達がいる事を、
大学時代に知ったからで、

多分、その世界を目指した時に待っているのは、
強烈な劣等感だけである事を理解してるからです。


だから、そもそも同じ土俵で戦う意味なんてないのです。


世の中で、
自称「頭が良い」と言ってる人は、大体バカだ、
とよく木坂さんは言っています。


その辺にある自己啓発書みたいなのを沢山読んで、
「速読できるので1年で1000冊読みました!」と自分は頭良い自慢してる人を、
木坂さんは「残念な人だ・・・」と思っているそうです。


本当に難しい本ってのは、
1日5時間読むのを、1年くらいかけて読むものだし、
実際僕も、分野は全く違えどそれをずっとやってきたからこそ、
非常に良くわかります。



今回の木坂さんのセールスレター、
僕はすごく響くものがありました。
レター


木坂さんは木坂さんなりに、
このビジネスの業界で頂点を目指そうとして、
兆の世界の人に勝てない事を知り、
翻訳者として生きる道を選んだ、
というかそれが天命である事を悟ったのだと思います。

(なんとも次元の高過ぎる話ですが笑。)


木坂さんは、この前配った音声で、こんな事を言っていました。

「今のネット業界で稼いでるらしい人達に僕が負けるわけがない。
どっちか上か、とか、そういった次元の話じゃなくて、
1+1=2ですよね。という、そのレベルで至極当たり前の話だよ。」


本当に頂点を目指して、
他の人とは次元が違うくらい勉強をし続けてきたからこそ、
今、「稼いでます(キリッ(キリッ」と言い続けてる多くの人達とは、
比べられる事自体不愉快でしょうし、

常識の範囲を超えるレベルでまわりの人間を貶めてまで
自分だけ稼ごうとしてる人達には、心底呆れているのだと思います。


でも、別に「戦争だ!」とか、そういう気はなく、
「どうせそんなやつは勝手に消えていくんだから、
自分だけはホンモノの金であり続けなさい。そのための方法を教えます。」
と言っているに過ぎないのです。


僕が目指してる世界は、
一部の天才だけが活躍できる世界ではなく、
ただの凡人が、自分なりの可能性を切り開いて自由に生きていける世界です。


僕も、別に毎日勉強尽くしで、
ひたすらビジネスに没頭しよう、
なんて事は思っていません。


旅行とかどんどん行きたいし
自分の教えてる人をどんどん成功させて、
彼らと自由な生活を満喫したいし、
そうそう、今年は(ワタルさんの奢りで)皆でハワイ行こうみたいな計画立ててるし、
ディズニーランドを(ひろひでさんが)貸し切る計画もあるし、
楽しい事沢山して、勉強も楽しめる範囲でして、
ビジネスもして、それで、生涯100億くらい稼げたら十分だと思っています。


なので、僕のメルマガも、
このビジネスの楽しさをひたすら伝えようと思っています。


ノウハウ的なものはきちんと教えていくので、
後は楽しんでもらえてれば、勝手にうまくいきます。


何度も言いますが、
僕は最高レベルの知識を提供しています。


実は、稼ぐためには、
マーケティングを極めないといけないとか、
そんな事は全然無くて、


僕だって、今まで理系の勉強は散々してきましたけど、
ビジネスの知識なんて無いに等しいレベルですよ。

僕は、数少ない自分の持ってる知識を、
自分なりに色を付けて発信してるに過ぎません。
(色の付け方がかなり独特なんだとは思いますが。)

それでも、
ネットビジネスで稼いでる9割9分5厘くらいの人は、
僕よりさらに知識が無いと思っています。


なので、そんなにハードルは高くないって事ですよ。


逆に、知識で他とは群を抜いてるなと思えるのが木坂さんなので、
「僕が他に負けるわけがないのは、1+1=2である事と同じ」
発言は、あながち間違ってもいないですよ。


ネットビジネス大百科で木坂さんは、
「億なんて普通だよ」
と言っていましたが、

今回のセミナーは、僕だけで既に300人以上が申し込んでいます。
全体だと、その倍くらいはいると思うので、
それだけで億単位の売上が上がってるのです。


実際、まだ募集開始数日なので、
もっといくでしょうし、
僕がいなくても億はいってたでしょう。


広告とかプロモーションとか、
そんなものに莫大な資金を投じずとも、
きちんと億という単位で稼ぐ事は全然可能な事です。


そんな、高い次元でビジネスをしてる木坂さんの、
人生を凝縮したセミナーを、是非楽しんで下さい!


最強のロジックを学んで、
更にそれをアフィリエイターにも使える形に、
それもプラグマティックな形に落とし込んだ僕のロジックも学べるわけですから、



「ね?最強でしょ?」

以外の言葉は見つかりません。


ただ、そうは言っても、
「よーしじゃあこれ聞いたら誰でも稼げる様にしてくれるんですね?
信じていいですね?裏切らないで下さいね?」
とか考えている場合は、そういう人の期待は裏切る事になるので、
申込まない様にお願いします。

あくまで、このセミナーで授かるのは武器です。
木坂さんが勝手に敵を倒してくれるわけではありません。
武器を使って敵を倒すのはあなたです。

最近のマリオでは
「コースをクリアした事にして次のステージに進みますか?」
というゆとり仕様になっているという噂を聞きましたが、
そういった事はありません。

コースを簡単にするんじゃなくて、マリオ自身を強くする感じです。


というわけで、今日で値上げなので、その前にって方はどうぞ!


現代に蘇るネットビジネス大百科(特典付きリンク)
こちら


ではでは。


PS.
今日で値上げなのでお気を付けて!

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. sushi
  2. kaou
  3. takibi
  4. susi