2012年最後の挨拶

この記事は3分で読めます

nenmatu
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2012年最後の挨拶
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

こんばんは、新田です。

これが2012年、最後のメールになると思います。
今日はご挨拶させて下さい。

1年間、お疲れさまでした。
今年1年は、多分今まで生きてきた中で、
一番人生が変わった1年です。

大学院を中退し、
会社を立ち上げ、
1億円を稼ぎ、
多くの仲間を集め、
教材を発売したり、
色んな人を教えたり、
沢山面白い事ができました。

あーっ、楽し過ぎる1年だった!


僕が今年、ビジネスで大きく成功する事ができた理由の1つは、
「育てる」という視点を常に持っていたから。
この一言に尽きると思います。

僕は、月1000万稼ごうが、月4000万稼ごうが、
それほど喜ばなくなりました。

もう僕は、
「このメールを出したらいくらくらい出るか」
って事が、大体直感で分かる様になりました。

「今日は1000万くらい稼げるな」
って思ったら、本当に稼げたわけです。

なので、僕にとって、報酬画面を確認する事は、
当たり前に起こってる現象を、
ただ確認するだけの作業です。

自分は稼げて当たり前だと思ってるし、
もっと稼げる人間だと思っています。

もちろん、ちょっとは嬉しいですが、
稼げてもそこまで大喜びする事は無くなりました。

でも、僕は、唯一ビジネスをやっていて嬉しい瞬間があります。

それは、自分の読者とか、コンサル生が稼げる様になり、
僕に報告してくれた時です。

「稼げる様になりました!」
「これだけ売れました!」
「やっと初成果出ました!」

この瞬間、僕はいつも、
心の底から「やった!!」と喜びます。


正直、自分が稼ぐ事は簡単です。
圧倒的に簡単です。

でも、他人を育てる事は本当に難しい。
だからこそ、それが達成した時の喜びも大きいのです。

そして、この感覚があるからこそ、
僕は稼ぎ続ける事ができているのかもしれません。

稼げて「わーい」って言ってるうちは、
お客さんが見えてないと思うのです。

いくら自分が稼げたとしても、
自分から商品を買ってくれた人が誰も成功してないなら、
それは成功とは言えないし、
むしろ売るべきじゃなかったと考えるべきです。

売れるのは当たり前。
セールス学べばいいだけの話です。

でも、売ってからどうするかが重要です。
売ってからが本当の仕事です。

「いやいや、まず売れないと話にならないじゃないですか」
と思うかもしれませんが、逆なんですよ。

「育てる」という視点を持っていれば、自然と売れますから。

お客さんを育てる事が出来る人は、
今後永久に稼ぎ続ける事ができます。


僕がビジネスの仕組みを作る時に今まで考えてきた事って、
いかに売り上げをあげるかって事ではなく、
「いかに効率良く、お客さんを育てる事が出来るか?」
です。

これを常に考えてきました。

今月は(ほぼ)自動で月1000万以上稼げてますが、
僕がいつも考えてるのは、自動で稼ぐ事ではなく、
自動で育てる事です。その結果、自動で稼げてるにすぎません。
(自動で稼いでますって言った方がキャッチーなのでそう言ってますが。)


稼げてない人は、
皆、売ろうとしすぎだと思うのです。

別に売れなくたって、というか、売らなくたっていいじゃないですか。
ちょっと何か売れたからって、人生変わりません。

それよりも圧倒的に大事な事は、
自分を信じて、ついてきてくれる仲間を作る事です。
そして、彼らをきちんと育てる事です。

それができたら、売ろうとしなくたって、
普通に売れます。

「とにかく何か1つでも多く売らないと」
「毎日何かセールスしないと」
こういった事ばかり考えていると、永久に収入は大きくならないでしょう。

経営者的なやり方で稼ぐならいいかもしれませんが、
僕は、教育者として稼ぐべきだと思っています。
だってインフォなんだから。

毎日毎日次から次へと新しい商品を売ったりしてはいけないのです。

そんな事しなくても、1つきちんと売れたら十分稼げます。
それは先月証明した通りです。


多分、この1年で、沢山学んだ事があると思います。
毎回僕のメルマガ読んでくれてる人は、
もう業界のトップ1%レベルの情報リテラシーを得てる筈です。

じゃあ、次はそれを、
「どうやって皆に伝えよう?」
って事を考えてみてはいかがでしょうか。

まず自分の発信に耳を傾けてもらわないと。

じゃあ、どうやったら自分の思いとか、理念とかが伝わって、
自分と仲良くなろうと思ってもらえるのか。

そういった事を色々考えつつ、
来年に臨んでもらえたらなと思います。

来年も、僕は本気であなたを育てていきます。
ありえないくらい稼がせます。自由にします。
その結果、僕も稼ぎたいからです。


なのでついて来て下さい。

では、良いお年を!

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kingasinnen
  2. sekatyu
  3. nagaiki
  4. suugaku
  5. eienno0
  6. netbusiness