人生やり直し機のパラドックス

この記事は6分で読めます

jinsei
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人生やり直し機のパラドックス
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

どうも、新田です。

今日も色々喋ろうと思うので、
まぁ時間取って読んで頂ければと思います。



今日は、
「人生やり直し機のパラドックス」
というテーマでお話します。


昔、ドラエもんで、
「人生やりなおし機」っていう道具がありました。

今の頭脳を持ったまま、好きな過去に戻る事ができる機械で、
これって多くの人が一度は憧れた道具なんじゃないかと思います。


例えば、今の頭脳をもって中学生に戻る事ができたら、
間違いなく学年1位の成績が取れます。
そしたら良い高校に行けて、
中学の間に高校の勉強終わらせちゃって、
高校でもずっと学年1位を取って、
良い大学に入って、バラ色の人生だ!!

そんな事を夢見た事がある人も多いのではないかと思います。


でも、この話は、
「ドラえもん」の中でも特に学びの多い話でした。


人生やりなおし機を使ったのび太は、
小学1年生に戻りました。


そして、作中でとあるオジサンに出会うのですが、
彼は、見た目は子供、頭脳は若干大人ののび太をみて、
「君は天才だ!!」
と言うのです。


学校でも成績優秀、家族にも将来を大きく期待されました。

しかし、ここで、
タイムマシンで過去にやってきたドラエもんに出会い、
こんな事を言われます。


「もしこのままこの生活を続けていたら、今よりも更にダメになるぞ!」

・・・と。


そして、もしこの生活を続けていたら、
最終的にどうなるのか、未来テレビで見せてもらったのです。


天才少年と言われ続けたのび太は、
「自分は天才」と思い込んでしまい、
結局何も勉強する事なく毎日を過ごしていたのです。


はじめはそれで良かったものの、
学年が上がるにつれ、徐々に周りの人達のレベルも上がり、
結局、今と同じ年齢に達する頃には皆に成績も抜かれ、
逆に全く勉強をしなかったせいで更にバカになってしまったのです。


そんな折、小学1年生の頃に出会ったあのオジサンに再び遭遇します。
オジサンは、酷くショックを受けた様子で、
「君は本当にあの時の子供なのか?
はて、どうしたものか、あの時の目の輝きが失われてしまっている・・・」
と言ったのです。


ショックを受けたのび太はその時、
「この道具はひと時の夢を見せてくれただけだったんだな」
と気付いたのです。


この話、当時すっごい衝撃を受けたんですが、
結局ドラえもんは何を伝えたかったのかと言うと、
「過去を悔やまず、今を生きろ」
って事なんだと思います。


今回、この話をしたのは、
ちょうど先日、相談に乗った方がいて、
彼がこんな事を言っていたのです。

「数年前にビジネスはじめてたら、誰でも稼げたんですよね!
もっと早くにはじめとけば良かった・・・」

・・・と。


まぁ、一度は考える事だよなと思います。

例えば、和佐さんが大百科出した頃は、
DRMさえきちんと理解できたら、ほぼ間違いなく稼げました。
商材作ったら、PPC広告を使っていくらでも売れる時代でした。


「そんな時代にネットビジネスに参入してたら、
今頃億万長者だったのに!」

そう言う人って結構沢山いるんですよね。


でも、僕はそんな事無いと思ってます。


もし、実力が無いまま、当時に戻ったとしても、
確かに一時だけ稼げたかもしれませんが、
すぐに消えたでしょう。


このビジネスってキャラクタービジネスなので、
寿命も短い人が多いです。

どんなに有名になっても、
大体、2~3年で、飽きられます。


僕がネットビジネスをはじめた頃って、
月100万超えてるだけで「トップアフィリエイター」って呼ばれるんですが
(今じゃ月100万なんてあっと言う間に皆達成してますけどね。笑)

当時有名だった人のほとんどは、
今じゃほとんど見なくなってしまいました。


それはなんでかって言うと、
皆、一時流行ったノウハウに固執しすぎて、
「自分のコア」を持っていなかったのです。


代表的なものがPPCアフィリエイトです。

あれって、2011年前半くらいまでなら、
ペラサイトを作って、広告打つだけで無限に稼げたので、
多くの人が「PPCの専門家」になったのです。


でも、ある時、PPCの審査が厳しくなり、
ほとんどの人は食っていけなくなりました。


専門家は、その分野が不要になった時点で、存在価値が無くなります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

例えば、古文の教師って、
古文が受験科目から消えた時点で、
食っていけなくなっちゃうよね、って話です。

それと一緒ですよね。


そういった理由で、2010年に有名になった人はほとんど消えてしまったのですが、
そんな中で、数少ない生存者もいます。

その1人が、「新世界」を一緒にやっているだいぽんさんです。


何故、彼が生き残ったのか?というと、
「自分のコア」があったからです。


だいぽんさんは、
バイト時代の苦しい経験がトラウマになって、
そこから抜け出した自分のストーリーを語り、
同じ境遇の人に希望を与えたいという信念の下、
情報発信をしているのです。


だから、「単なるPPCで稼ぐ人」では終わらず、
違う分野で勝負しても、きちんとファンが出来たのです。


コアがあるから、きっと情報発信も一生やめないでしょうし、
ずっと一定数のファンを獲得し続けるでしょう。


今もし、自分がいくら稼げてたとしても、
「自分はせどりの専門家だ」
「自分はTwitterアフィリの専門家だ」
「自分はトレンドアフィリの専門家だ」
って思ってると、
それが使えなくなった時に、死にます。


「え~?こんなに稼いでるのに?!」
って思うかもしれませんが、
業界の歴史を色々調べてみると、

かつての
「トップアフィリエイター」
「アフィリエイト四天王」
「頂点に君臨してた人」
皆消えてます。


「じゃあプレナー(教材販売者)になればいい!」
と思うかもしれませんが、

例えプレナーになったとしても、
生き残っているわけではありませんし、
むしろ大半は消えています。


結局、残ってるのは、
コアを持った人間だけです。


・・・と、まだ稼げてない人も沢山いるのに、
こんな夢も希望も無い話をされても、って思うかもしれませんが、

希望はあります。


実は、今、この瞬間、
ネットビジネスに取り組んでいる人はラッキーなのです。


もっと言うと、僕のメルマガを読んでいる人はラッキーです。
自分で言うな、って思われるかもしれませんが、
本当にラッキーだなと思ってます。


何故かというと、
まず、今ネットビジネスに取り組んでいる人は、
既に先人の人達の成功事例が無数にあります。
それをモデリングするだけで、簡単に成功できます。

プロモーションアフィリとかはその良い例です。
今年、これで月収数百万達成者は無数に出てますが、
数年前なら「トップアフィリエイター」って呼ばれてたレベル”程度”なら、
数か月で一瞬で駆け上がる手法が既に確立されています。


そしてもう1つ、
「消えないための方法」
を僕が研究しているからです。


僕だけじゃなく、和佐さんや原田さんがやっているシンクロニシティもその一環だし、
今度、和佐さんと木坂さんがやる講座も、まさに「生き残る」事がテーマです。


で、僕の中での現時点での結論は、以下の2つの方法です。

1.自然消滅する前に、ピークが過ぎた頃に必然的に表から消える
2.ステップメールを使った自動化とバイラルを利用する


例えば、1で言うと、
大百科の木坂さんは、
ネットビジネス大百科で、全盛期を迎えた後、
すぐに表から消えて、裏で稼ぐ方向に切り替えました。


そうしたら、ブランディングが「セーブ」されるわけです。
伝説になったまま、裏で稼ぎ続ける事ができます。


一方で、2は、和佐さんが良い例です。

和佐さんの凄い所は、
5年前からビジネスをはじめて、
“一度も消えてない”という事です。


5年間、一度も裏方にまわる事なく、
最前線を走ってる人っていないでしょう、この業界。


絶対、裏に隠れたり、また出てきたり、
を繰り返すのです、大体の人は。


そんな中で、年商億を安定して稼いでるのは、
やはり「自動化」の部分が大きかったと思います。


以前配った、和佐さんとの対談(ワンピース戦略)でもお話しましたが、
自動化の最大のポイントは、
自分のストーリーを「再放送」できる事です。


で、これは、
なるべくはじめのうちに作っておいた方がいいです。


僕はよく今大きく稼いでいる人に、
「何でステップメール使わないんですか?」
って聞くんですが、ほとんどの人はこう言います。


「もう今更基本的な事書いたりする気が起きないんですよー。
もっと昔に書いとけば良かったなと思います。」

って。


やっぱり、皆、
今、この瞬間を、生きているわけです。

昔の自分になったつもりで、
今更ステップメールを作るってのが、”苦痛”なんでしょうね。


だからこそ、僕は度自分のピークが過ぎる前に、
ステップメールをある程度完成させようと思っています。


ステップメールで自動で売れる様になれば、
少なくとも「消える」って事は無くなります。


どんなに業界に飽きられたって、
そもそもこの業界を知らないウブな読者を取れば、
イチから自分のストーリーを語るわけですから、
永久に安定した収入を得る事ができるわけです。


特に、これからの時代、
ネットとリアルの世界は融合していくと言われています。

つまり、まだこの業界を知らない人間が、
今後どんどん参入してくる筈です。


だからこそ、はじめに言った通り、
今ネットビジネスをはじめる人ってのは、
この業界はじまって以来の最大のチャンスなのです。


最速で成功できるルートが確立されている上に、
「安定させる」という部分も気付いてるわけですから。


これからやるべき事はもう見えた筈です。


1.DRMを学ぶ・・・ネットビジネス大百科

2.コアを見つける・・・シンクロニシティ

3.キャッチーな入口を作る・・・(※)

4.仕組みを作る・・・新世界

それと同時に、
常にインプット、アウトプットを続け、
自分のコンテンツをどんどん作っていって下さい。


これから、個人が活躍できる時代が必ず到来します。
ネットで有名になった人がどんどん出版業界に参入しているわけですから、
今後、間違いなく業界のパイは広がり、
今いる人間全員が圧倒的に稼ぎやすい時代になります。


それまでに、上記を全てこなしておけば、
間違いなく、大儲けできます。


僕は、全員に稼いでほしいし、
1人も消えてほしくありません。


それは、僕が読者に消えられたら収入が減るからってのも当然ありますが、
自分から学んでくれてる人には、やっぱり成功して、一生稼ぎ続けて欲しいです。


その為の環境は、何としてでも僕が整えてみせますので、
信じてついて来て下さい!


「もう今更遅いんじゃ・・・」とか思う必要は無いです。
むしろ、「今までやらなかった事はラッキー」くらいに考えられるポジティブさを持って下さい。

結局、「人生やりなおし機」なんて使っても、
人生は破滅に向かうだけです。

今を頑張りましょう。今日から頑張りましょう。


僕のメール講座はこちらから登録できます!
メール講座

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. supa
  2. mukasibanasi
  3. kuukan
  4. restaurant
  5. gyouretu
  6. スクリーンショット 2017-01-24 21.31.13