新田祐士物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新田祐士物語
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks

~目次~
第0章 新田祐士は何をして自由な暮らしを手に入れたのか? ←今ココ

第1章 京都大学での生活~研究者の道と就職への道~

第2章 何故今の会社に就職するとヤバイのか?!

第3章 新田祐士の地獄のバイト生活時代

第4章 資本主義社会と情報ビジネスの世界


トップへ戻る


はじめまして、新田です。

今回は、僕が今までどんな事を考え、
どうやって今の自由を手に入れる事ができたのかを、
物語風に書いていこうと思います。

何回かに分けて書くので、今回はその序章という事になります。


僕は学生時代、「なんとなくお小遣い稼ぎ」と思ってはじめたネットビジネスが成功して、
そのまま大学を中退して起業・独立しました。

僕は割と就職に有利な研究室に行っていたし、
多分、あのまま行けば、一般的に言われる「エリート」の道を歩んだのだと思います。

しかし僕は、それらを全て捨て、
学歴も、社会的地位も失った代わりに、
「自由」を手にしました。

今では、一般的なサラリーマンが一生かけて稼ぐお金をはるかに上回る金額を、
1年で得ています。


僕が「何をやっているの?」と聞かれると、
「色んな事をやってます」としか言えないくらい、様々な事をしています。

表では、メルマガで情報発信をしたり、たまにコンテンツを売ったりしていますが、
他にも自分のお店を開いてみたり、あるいはコンサルティングもやっています。


コンサルって聞くと凄そうなイメージなんですが、
僕のクライアントは個人でやっている人がメインなので、
カフェで待ち合わせして、喋って、終わり、という感じです。


僕自身は実家は大阪にあるのですが、
最近は東京にもよく行っていて、色んなホテルを転々としながら、
各地で教えたりしています。


昔は、アフィリエイトやネットショップなど、
副業感覚でやっている人をメインにコンサルをしていたのですが、
最近は顧客層もだいぶ変わってきた気がします。


骨董品を売っている人、
フランス語をネットを使って教えている人、
ネットを通してお菓子屋さんを経営している人、
美容院を経営してる人、
塾の運営をやっている人、
etc…

他にも沢山います。


基本的に、ネットを使う事で売り上げはいくらでも伸ばす事ができるので、
集客、ブランディング、セールスなど、
ビジネスの基本的なロジックを理解していれば、
どのビジネスをやっている人が来ても、色んな部分をテコ入れして、
いくらでも利益を伸ばす事ができます。

もちろん、個人でこれから新しいビジネスをしたいという人も沢山います。


僕は、個人で自由にお金を生み出す事ができる人をどんどん増やしたいと思っています。
それが、今の日本には必要だと思っているからです。


では、僕がそう思うに至った経緯というものを、
これから語っていきたいと思います。

是非、読んでみて下さい。

まずは大学時代のお話です。

第1章 京都大学での生活~研究者の道と就職への道~



トップへ戻る

RETURN TOP